交通事故後に自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)での治療を受けるためにはどうすればいいの?

(よく分からない場合はご連絡ください。状況をお伺いし、個別に詳しく説明させていただきます。)

Ⅰ、交通事故後、首や腰に痛みや違和感などの症状があった場合、
①自分側の保険会社と相手側の保険会社へ、その旨を伝える。
②病院でレントゲンなどの検査を受けて症状に対する診断書を書いてもらう。
③それを警察へ提出する(交通事故の結果の症状であることの証明をする・人身事故扱いにする)。
Ⅱ、鍼灸院にご来院ください。その際に(相手側の、もしくは自分側の)自動車保険会社名・担当者名・連絡先を教えてください。

以上です。Ⅰは自動車事故保険を使うために必要な手続きです(接骨院などでも同様です)。手続き後はご自分の症状が軽くなるように、しっかり治療を受けましょう。示談前であれば窓口でお金の負担なく治療が受けられますし、病院での治療と並行して鍼灸治療を受けることもできます(同日は不可)。
交通事故保険での治療は自由診療となるので、国で認められている保険医療機関(病院・医院・鍼灸院・接骨院・マッサージ院など)であれば、どこで治療を受けるかを選ぶ権利は患者さんにあります。保険会社の担当者に「鍼灸治療はダメです」などと言われることが多々ありますが、そのようなことは全くありませんのでご安心ください。自分の健康を取り戻すために、最善の方法を選択していただきたいと思います。
万が一、加害者側・過失割合が自分の方が大きい場合でも、交通事故保険での治療が受けられることに変わりはありません。病院や接骨院に通っているけれどなかなか痛みが消えないという場合でも、鍼灸治療ならば更なる改善を望むことができます。

実費での治療はならば示談後でも(もちろん示談前でも)できます。
多くの方から、症状を完治させることができないまま示談に応じたというケースを伺っています。その時は痛みが無くなったけれど一時的なもので、寒い時期になると毎年痛くなる、などといった言葉も聞きます。年月が経過してしまったむちうちでも、鍼灸治療にて症状を緩和させることはできます。
交通事故で受けた症状で辛い思いをされている方は、ぜひ一度ご相談ください。

なかやま鍼灸院イラスト06_むちうち(交通事故治療)

 

交通事故に遭ってしまった時の対応

愛知県は全国的に見て交通事故の多い県です。不運にも自動車事故(交通事故)に遭ってしまった時に、冷静になり、するべきことを覚えておきましょう。
①人命最優先。救命措置を行う。
②二次的な災害を避けるために、周囲の安全を確保する。
③救急・警察へ連絡する。
④事故相手や目撃者の名前と連絡先などを確認する。
⑤自分と相手の、自動車保険会社や身内などへ連絡する。
⑥事故状況を確認する(写真を撮るなど)。
⑦その場での示談には応じない(安易な発言は控える)。

事故の規模や現場の状況にもよりますが、あわてず、恥ずかしがらず、周りの人に協力を求めながら、以上のことを行いましょう。動揺した場合のことを考えて、車の中に「事故に遭った時にするべきことメモ」を入れておくのも良いかもしれません。
軽い事故であったとしても、不要なトラブルを避けるためにも③・④・⑤は行ったほうが良いでしょう。⑦の補足としては、事故直後ではなく、数日後から「むちうち」や「腰痛」といった症状が出てくることが多々あるので注意が必要です。
⑧体に痛みなどの症状があれば、できるだけ早く、しっかり治しましょう。

なかやま鍼灸院イラスト02_交通事故

 

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com