患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

ガス漏れ(過敏性腸症候群ガス型)

カテゴリー

性別 男性
年代・職業 10代・学生
お住まい 愛知県田原市

高校三年生の冬頃からガス漏れが気になりだしました。症状が気になってからは授業に集中することができず、大学に入ってもガス漏れが気になり精神的にも毎日つらい状況が続いたため、治療を受けることにしました。
鍼治療は一度も受けたことがなく本当に効果があるのかという不安もありましたが、僕の場合は、一回目の治療で効果を実感しました。ほぼ一日中どこにいてもガス漏れのことを考えていましたが、気がついたらガス漏れを気にしていなかったという時間が増え、精神的にもかなり楽になりました。まだ人前では気になることがありますが、前向きな気持ちで治療を続けていきたいです。

院長からのコメント

患者さんは学生ということで、通学の電車や講義の時間に緊張を感じ、症状が悪化してしまっていたようです。緊張感と症状の悪化が相互に作用する悪循環でした。
鍼治療で筋肉の緊張を軽減させることでリラックスしてもらい、自律神経の働きを整え、症状改善の糸口をつかんでもらいました。日常生活の中で注意するべきことなどをお伝えしながら治療を継続し、1か月後には「症状の気にならない日」も出てきたようです。
まだ、ガス漏れが気になる気持ちが消えてなくなった訳ではありませんが、「自分はよくなれるんだ」という自信を持ってもらえたことは大きな一歩です。ガス漏れ感のない毎日が続くように、しっかり治療していきたいですね。

一覧に戻る

ページトップへ戻る