患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

右手親指関節の痛み

性別 女性
年代・職業 60代・主婦
お住まい 名古屋市千種区

関節を曲げることができず、痛みと、思うように動かせなかったが、治療により、動かすことと、痛みが減り、楽になりました。
薬(内服薬)で痛みを減らすのではなく、内臓に負担をかけない治療は、私にとって、良い方法だったと思います。

 

院長からのコメント

日常生活に問題がなくなる程度まで親指の痛みが軽減して良かったですね!

2ヵ月前に発症した右手親指関節の痛み。指を曲げにくくなってしまいました。いったん症状は軽減したのですが再発してしまい、当院にご来院されているご家族の勧めもあり、ご来院されました。

ばね指のような状態になっており、親指を動かす際に痛みと引っかかり感(曲げると痛みがあり、曲げると伸ばす時にカクッとする)がありました。胃薬を飲んでいるので、痛み止めの薬はあまり飲みたくないとのことでした。再発してからは悪化傾向で日常生活にも支障が出始めており、まずはこれ以上の悪化を防ぐことを目標としました。
週2回のペースで1ヵ月間ご来院いただき、徐々に痛みは軽減しました。日常生活での不便さもほとんど感じなくなり、(まだ症状は多少残っていましたが)ご本人の希望にて終了としました。

利き手の親指は、日常生活の動作で最もよく使う部位の一つだと言ってもよいでしょう。それだけに、動かしたときに痛みが出るようになってしまうとその不便さは何をするにもついてきてしまいます。痛み止めの薬やシップを使ってその場しのぎをするのではなく、原因を考え、しっかり治し、再発を予防することが最善だと考えます。このような症状を患者さまは「腱鞘炎」と訴えることが多いです。腱鞘炎の治療にも鍼灸は有効です。心当たりがあれば、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

ページトップへ戻る