患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

耳鳴り

カテゴリー

性別 男性
年代・職業 50代・会社員
お住まい 名古屋市東区

耳鳴りの症状が約3年間続き、耳鼻科も数ヶ所受診しましたが改善せず、ふと鍼灸で治療し症状が改善することが出来ないかと思い、来院させていただきました。
3回目から耳鳴りの症状が改善し、夜も眠れる様になってきました。
これからもこの状態を維持出来ればと願っております。

院長からのコメント

年単位で続いていた耳鳴りの症状が改善し、睡眠の質もよくなっているようで私も嬉しく思います。

多くの方に同じことが言えるのですが、この患者さまも毎日お仕事が忙しく、精神的ストレスもかなり大きいようです。でも、仕事は休むことができません。
症状の改善は簡単に言ってしまうと「トータル的に、マイナス(心身の負担になるもの)を減らしてプラス(回復力)を増やして、その差の分だけ違いが出てくる」とお伝えしています。症状を軽減・改善させるためには、マイナス:心身への負担となるもの(肉体的疲労や精神的ストレスの原因になるもの)を減らすことができるに越したことはありません。いくら治療で回復させてもその端から疲労したりストレスが溜まっては、本来は治るはずのものも治らなくなってしまうからです。しかし、そう簡単にはいきませんよね。仕事は休めない、精神的ストレスは避けられない、そんな状況の方のほうが圧倒的に多いことでしょう。

そんな忙しい状況の生活を変えることができなければ症状を軽減・改善させることはできないのでしょうか?そんなことはありません。疲労が蓄積する以上に回復量を増やせばよいのです。「その場しのぎ」であり根本的な解決にはなりませんが、「現状を維持する」ことも大切なことです。鍼灸なら自己回復力を高めることができます。それに加え、どんなに忙しくても精神的なストレスに対して「切り替える」「気分転換をする」ように気持ちを変えることこともできます。
つまり、「マイナスを減らすことができない(ストレスを避けることができない)のであれば、それ以上にプラス(回復)を増やせばよい」という考え方です。これは、症状の根本的な解決にはなりませんが、その場しのぎにはなります。忙しい時期も状態を悪化させずに保ち、状況が落ち着いたらしっかり治療を受ける、という選択肢もあるのです。

耳の症状に対しては早期の治療が有効です。症状が改善されたからと言って、悪くなった時と同じ生活習慣を続けてしまっていれば再発する可能性も高いでしょう。そうならないために、再発予防と健康管理のために継続してご来院していただいています。よりよく眠れるように、心身ともに疲れが取れるようように、耳の状態が悪くならないように、と考えて施術しています。
直接、鍼灸を「救い」だと言っていただき、鍼灸師冥利に尽きます。これからもご期待に副うことができるよう鍼灸師として精進します。

一覧に戻る

ページトップへ戻る