患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

腰から下の張り・痛み

性別 男性
年代・職業 40代・自営業
お住まい 名古屋市千種区

ある朝、腰から下が別人のようになりました。尾てい骨周辺が張りつめ、足は疼痛と鈍痛とが繰り返し訪れ、もう駄目だ、明日からどうするんだ?という様な状況でした。症状からして、どうやら坐骨神経痛だと思われました。

そこで、医者にかかるより鍼が良いと思いこちらに来ました。「鍼」という一見科学的ではない印象のものでも、一見して、症状や対処法を言ってもらえると、信頼感も増し、現に初日で症状が改善するのを実感すると、益々「鍼」に何とかしてもらいたいと思うようになります。おかげ様で三回ほど通ったところ、また下半身が自分のものに戻って来ました。

とにかく一度、鍼を試して下さい。びっくりします。

院長からのコメント

強い痛みがすっかり楽になり、私も嬉しく思います。

初回にご来院ただいた時の症状は、仙骨部(腰の下の骨辺り)の張り痛みと大腿後面(太ももの裏)の刺すような痛みでした。詳しい症状や過去の経過などをお伺いし、腰痛と坐骨神経痛とが混合している状態であると判断し鍼治療を行いました。

鍼治療は刺激を加えると独特の刺激感(多くの場合「響き感」と表現されます)があり、慣れていないとその刺激感を「痛み」と感じてしまうこともあります。治療として決して悪いものではないのですが、鍼の印象が悪くなってもいけないので、当院で初めて治療を受ける患者さまには基本的に刺激を加えないように施術しています。しかしこの患者さまは、よほど痛みがつらかったのでしょう、「痛くてもいいので早く治るようにしてください」とのことでしたので、初回から刺激を加えて施術をしました。
そのおかげもあってか、4回の施術で、かなりつらそうだった腰から下の張り・痛みを、気にならない程度にまでしっかり改善させることができました。

客観的な腰部の筋肉の緊張はまだ残っており、他にも夜間尿などの症状もあることから継続して治療を行うべきだとお伝えしたのですが、5回の施術にて(下半身の状態がすっかり楽になったとのことので)ご本人の希望で終了となりました。お伝えしたセルフケアにて、悪くない状態を維持していただけることを願っています。
また何かあれば、できればお早めに、いつでもご連絡くださいね。

一覧に戻る

ページトップへ戻る