患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

腰痛

性別 男性
年代・職業 50代・会社員
お住まい 名古屋市緑区

仕事がら腰痛もちとなり、整形外科にて治療。痛み止め毎食後3回服用、強い痛みの時は注射。週1~2回のリハビリで、延べ約3年続けておりました。

友人との雑談で、「ハリ」をやってみようと思い、インターネットにてさがしました。条件は通院可能(公共交通)。

「なかやま」さんをおとずれ、カウンセラー・施術をいただきました。「薬は治しているわけではない。患部はあたためることで治りが早くなる」等…、今までの治療とはほぼ逆の内容におどろきながらも、少しずつ楽になっていく実感を覚えました。都度のアドバイスにより、安心して過ごしています。

院長からのコメント

腰痛が楽になり、仕事をしながらでも安心して過ごせているとのこと、嬉しく思います。

お仕事がら腰に負担がかかることが多いようで、慢性的な腰痛にお悩みでした。3年間毎日飲み続けていたロキソニンを止めることができただけでも、全身の健康を考えれば素晴らしいことだと思います。今ではコルセットも外すことができ、(症状改善の時期が終わり)再発防止・健康管理のスタートラインに立つことができました。

人間の身体の状態の判断基準は、西洋医学的見地からの物ものや東洋医学的見地からのものまでいろいろあります。結果として大事なことは、その患者さん自身が満足できるレベルまでその患者さんの症状が改善させることができるかだと思っています。当然、整形外科病院での薬の処方や注射で治る方もいらっしゃいます。それはそれでよいのです。病院では治らない、薬を使いたくない、それならば、自分の願いが叶う道を探さねばなりません。

鍼灸治療は現在、多くの方に普及している治療方法だとはいえません。しかし、奈良時代の昔から連綿と受け継がれている日本の鍼灸治療は、症状の改善や健康維持の観点から、あなたの役に立てる治療方法だと言えます。お体のことで困ったことがあれば、ぜひ一度鍼灸治療をご検討ください。

一覧に戻る

ページトップへ戻る