患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

過敏性腸症候群に伴う腹痛・腰痛・膨満感

カテゴリー

性別 女性
年代・職業 40代・パート
お住まい 愛知県長久手市

胃腸科・内科で処方された薬を服用していても症状が改善されず約2週間ほど苦しい状態でしたが、2度鍼を施術して頂いた後、劇的に痛みと膨満感が改善されました。

院長からのコメント

もう少し治療回数がかかると思っていましたが、早い段階で症状の自覚がゼロになるほどにまで軽減・改善したとのことで、私も嬉しく思います。

この方は元々お腹が弱く下痢をしやすかったようで、過敏性腸症候群の診断自体は去年に受けたとのことでした。今回の症状(腹痛・腰痛・膨満感)悪化の直接的なきっかけは、人間ドックでバリウムを飲んだ後の膨満感が消えないことでした。胃腸科・内科に行き、レントゲン検査では「ガスが溜まっている」と言われ、薬を処方され、それでも症状化軽減しないということで、ご来院いただきました。

身体の状態を確認させていただくと、実際に腹部が緊張しており、これが腹痛や膨満感の原因だと考えられました(腰痛は腹痛が原因のものだと考えました)。鍼治療をすることで局所の血流がよくなり筋肉の緊張が緩み、早期の症状改善につながったのだと思われます。

次の治療目標としては、良くなった状態をキープしつつ、多少の負担がかかっても状態が悪くならないようにしていきたいですね。聞けば、辛い食べ物が好きだけれどお腹の調子が悪くなるから我慢しているとのこと。少しずつでも、食べたいものが食べられるようにしていけると、毎日がより楽しくなると思います。

何のために症状を改善させたいのか?治療開始時には「とりあえず痛みを軽くしたい」などの目標が多いですが、では、その目標を達成したら治療が終わりかといえばそうではありません。さらなる症状の軽減と再発防止を含め、「不安なくやりたいことがやれる」状態にすることが治療の本質だと思っています。なかやま鍼灸院は、積極的な意思を持って症状改善を望まれる患者さんを応援しています。

一覧に戻る

ページトップへ戻る