患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

過敏性腸症候群(下痢・急な便意)

カテゴリー

性別 男性
年代・職業 50代・病院勤務
お住まい 愛知県瀬戸市

時々急にしかも突然、下痢を起こしてしまうことがありました。自分では色々な検査や胃腸薬を飲んでも結果良くならないため、内臓的なものではなく精神的なものだと考えていました。でもこういうことを根本から診ていただく所がわかりませんでした。そしてネットで検索して、貴院を見つけました。
正直薬でも効かないので、鍼を打っただけで回復するの?と疑っていたことも事実です。でも1回目・2回目と、自ら感じるくらい緊張がとれて、施術のたびに、体が楽に、力が抜けていくのがわかるのです。今まで、心と体がバラバラだったんだなぁと感じています。
鍼がこんなに効くことに驚いており、でも毎回健康になっていくことを感じることができることを、本当にありがたく思っています。

院長からのコメント

当院の鍼灸治療の効果に驚いたという喜びの言葉をいただき、また、順調に症状が軽減しているようで、私も嬉しく思います。
この患者さんに初めてお会いしてお話を聞いた時に感じたのは、「薬の効果もない原因不明の下痢が続くことでQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)が低下してしまっており、気持ちが沈んでしまっていることが、症状の悪循環になってしまっている」ということでした。
しかし、ご本人が、諦めずに薬を使わずに症状を改善したいと願うモチベーションをもってくれており、「効果がなくても、とりあえず5回は受けてみよう」と思って鍼灸治療を試してくれたことが、結果的に人生の転換点になったようです。

他の症状としては、うつ症状による不眠もありましたが、現在では、安定剤・睡眠導入剤・整腸剤などを使ずとも、日常生活に問題なく過ごせるまでに改善しているようです。20年来飲み続けていた薬を止めることができて、本当に喜んでくださっています。短時間・少回数の治療により笑顔になっていただけたことで、鍼灸師としてのやりがいを感じさせていただけました。
これからの目標としては、徐々に治療間隔を空けながら、最終的には当院に来院されることなく、良い状態を維持できるようにすることです。そのためには、無理なく生活習慣を整えることが大切です。何かあった時には、いつでもお気軽にご来院くださいね。

一覧に戻る

ページトップへ戻る