患者さまの声

患者さまの声をご紹介します

顎の痛み(顎関節症)

性別 女性
年代・職業 20代・会社員
お住まい 名古屋市昭和区

ある時突然、口をあけると激しい痛みを感じるようになりました。指1本分しかひらかず、歯医者にもあきらめるよう言われました。
ネットで調べ、どうやら鍼が効くらしいと知り、こちらにお伺いしました。2回ほど通ったところで、完治しました。
あれから1年、全く再発していません。
ありがとうございました。

院長からのコメント

歯医者も諦めた顎関節症の痛みが、たった2回の鍼灸治療にて改善した上、一年以上も問題のない状態が維持されているようで私も嬉しく思います。

この患者さまの場合、以前から度々、顎がカクッとしたり、顎が外れる感じがすることがあったそうです。そして、ある日突然、激痛で口を開けることができなくなってしまいました。痛み止めも効かず、とてもつらそうにご来院されました。経験のない方にはイメージしにくいかもしれませんが、顎関節症になると、口が縦幅で指一本分しか開くことができなくなってしまうこともあるのです(ほとんど口を開けることのできない状態なので、ほとんど何も食べることができません)。

顎関節症は、顎の関節の不具合により、大きく口を開けることやかみ締めることができなくなってしまう状態です。普段当たり前のようにしている「口を開ける・食べ物を噛む」という行為ができなくなってしまうのです。歯医者へ行くことも治療手段の選択の一つにはなると思いますが、多くの場合、痛み止めの薬の処方もしくは外科的な処理をすることになります。鎮痛薬は痛みを一時的に誤魔化しているに過ぎないですし、いきなり手術と言われても困ってしまいますよね。そんな時はぜひ鍼灸院へ来てください。顎関節症の痛みに対して鍼灸は高い効果があります。

私は「二度と再発しない=完治」と考えているので(例えば肩こりや腰痛が完治させる方法は、治療を受けることを継続しながら健康管理をしっかりする以外にはないと思っています)、この状態を「完治」と呼べるのかは若干疑問な部分もありますが、年単位の期間で再発がなければ、差し当たりの不安なく、とりあえず安心していただいて良いと思います。顎関節症は鍼灸治療で改善させることができるのです。これを読まれているあなたが顎関節症や顎の痛みなどでお困りであれば、ぜひ一度、名古屋市千種区本山駅にある、なかやま鍼灸院にご相談ください。

一覧に戻る

ページトップへ戻る