「むくみ」は漢字で書くと「浮腫み」となります。座り仕事や立ち仕事の方やお酒を飲んだ次の日など、むくみでお悩みの女性も多いのではないでしょうか?むくみが強いと痛くなってしまったり、顔のむくみを放置することで皮膚の「たるみ」の原因になってしまうこともあるので注意が必要です。
鍼灸治療は局所の血流や腎機能をよくできるので、むくみの改善にとても効果的です。自分でできるむくみ解消法も載せてありますので、ぜひお読みください。



主な症状

数秒間押した後、皮膚が凹んだまま戻らない状態であれば、「むくんでいる状態」と言ってよいでしょう。部位としては、下肢(特にふくらはぎ)や顔(特にまぶた)がむくみやすいです。多くあるケースとしては、夜に靴下を脱ぐとその跡が残っている、朝に顔がはれぼったい、などが挙げられます。
むくみ自体も辛くて困る症状ですが、それよりも「なぜむくんでしまったのか?」を考え、むくみとその原因を改善することで、むくみに続く健康問題を未然に解決することが、より大切だと思います。

むくみの主な原因

人間の体の約60%は水分でできていると言われています。発汗や排尿があっても臓器の働きにより体内は一定の水分量を保たれ、血液によって隅々の細胞まで栄養が運ばれています。そして、浸透圧のバランスが崩れることにより血液中の水分が細胞組織に溜まってしまい(血液中に戻れなくなり)、その水分で細胞が腫れてしまうことにより、むくみが起こります。

①病気でなくても長時間の圧迫・立位・座位などで血流が阻害されてしまうことでも起こります。つまり、血液やリンパ液などの体液の循環が悪い状態(代謝が悪い状態)は、むくみの原因になります。

②水分・アルコール・塩分の摂り過ぎは浸透圧バランスを崩すことに繋がり、むくみの原因になります。

③女性はホルモンのバランスが変わることにより、生理前にむくみやすくなります。高温期に多く分泌される黄体ホルモンが、水分を蓄えようと体に働くからです。

④尿をつくる臓器である、腎臓の機能に問題がある場合。例えば糖尿病性腎症になってしまうと、体内の水分を排泄することができなくなってしまいます。体内の水分が過剰になれば当然、身体がむくむことになります。

⑤その他の内臓機能の問題。例えば甲状腺機能低下症などが挙げられます。強いむくみが続く場合は、内臓機能の不具合を疑い、ネット検索などで自分の該当する疾患を調べることをお勧めします。

⑥薬剤の使用によるもの。非ステロイド性抗炎症薬、血管拡張性降圧薬、ナトリウム含有薬などがむくみの原因になります。心当たりのある方は、むくみを楽にすることと同時に、薬を減らす(ように体の状態を良くする)ことも始めてください。

病院へ行くのであれば

むくみは上記にあるように、内臓や局所など様々な問題によって起こります。器質的な異常がある場合は、むくみ以外にも何かしら他の症状があることが多いです。病院で検査を受けるべきものとしては、甲状腺・腎臓・心臓・肝臓・静脈瘤・薬剤などが原因のものがありますので、むくみ以外の、症状や身体の状態も含めて総合的に判断すべきです。下記にある、自分でできるむくみ解消法を行っても症状が軽減せず、加えてむくみ以外の症状がある時には、安心のために一度病院で検査を受けてもいいかもしれません。その際は、近所にある内科もしくは泌尿器科が無難でしょう。

自分でできる解消法

薬(漢方薬含め)やサプリメントでむくみを改善させても一時的なものに過ぎません。それらの摂取を止めた時点から、徐々に元の状態に戻って行っていってしまいます。食生活や生活習慣の改善によって身体の状態を変えることが大切です。

①汗をかく
身体に余計な水分が多くあれば、当然むくみやすくなります。半身浴・足湯などで代謝を上げ、汗をかくことでむくみがスッキリすれば、特に心配する必要はないでしょう。

②足や下腿、顔のマッサージ
足は「第二の心臓」とも言われており、脚の筋肉の収縮が、血液を心臓へ押し戻すという大切な働きを持っています。そのため、足裏・すね・ふくらはぎの筋肉が硬く緊張してしまっていては、血流が悪くなり足がむくんでしまいます。自分でマッサージをしてこの辺りの筋肉の緊張を緩めることで、むくみを解消することができます。顔のマッサージでも同様に、顔面部の血流をよくすることでむくみを解消します。押す・ほぐすのではなく、表面をなでる感じでさすると良いでしょう。

③脚上げ
物理的に、脚を心臓より高い位置にして数分から十分程度過ごします。上を向いて寝ころがり、椅子に足を載せる感じの姿勢です。

④運動
全身の血や体液の流れを促すことでむくみを解消しやすい状態にします。その場の効果を求めるのならば有酸素運動が効果的です。下肢の筋力トレーニングで筋肉をつけることも長期的な目で見ると有効です。ふくらはぎ及び下半身の筋肉を強くすることで、血液や体液を上半身に戻すポンプ作用を強くすることができます。

⑤食事内容
もしかしたら水分の摂り過ぎもあるかもしれません。本来、腎臓などの働きによって体内の水分量はある程度一定に保たれているので心配要りませんが、おしっこの色(黄色)が濃いのであれば、もう少し水分摂取量を控えてもいいかもしれません。また、塩分の取りすぎは浸透圧の環境を悪くしてしまうので、むくみの悪化につながってしまいます。

なかやま鍼灸院で治療を受けるなら

鍼灸治療は、特に筋肉の緊張を緩和させる効果が高いので、むくみに対してとても有効な治療時方法です。下腿や顔面など局所の筋肉の緊張を緩めて血流を改善させることで、「スッキリした」と直後効果としてむくみの軽減を実感していただけることも多くあります。そして、腎機能などの内臓機能を改善させることで、内科的な意味からもむくみに対処することができます。これにより、糖尿病などが原因で(腎機能に問題があり)人工透析を受けている方にも鍼灸治療は有効となります。人工透析を受けなくて済むようにすることは難しいですが、少なからずダルさや辛さを軽減させることができるのです。
また、むくみ以外の症状の改善や自律神経の働きを整えることで、全身及び局所の血流をよくしたり代謝を向上させる事ができるので、むくみの予防としても効果を発揮します。むくみが強いということは代謝が悪い・血流が悪いことにつながり、さまざまな症状の初期段階と言えるかもしれません。「未病を治す」鍼灸治療で、むくみを改善し、より快適な毎日を手に入れませんか?

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com