めまい・ふらつきと一言で言っても、その症状の表現のされ方にはいくつかの種類があります。主に「ぐるぐる」や「ふわふわ」すると表現されるめまいは神経性のめまいと考えられ、その原因となる部位は大きく分けて、脳などの中枢神経と内耳にある三半規管の2種類があります(それぞれ、中枢性めまい・末梢性めまい、と分類されます)。神経性以外のめまいには、起立性低血圧などで起こる「立ちくらみ」や薬の副作用で起こるものなどがあります。

なかやま鍼灸院イラスト07_めまいふらつき

中枢性めまいの症状は「ふわふわする(浮遊性)めまい」と表現され、脳の異常や高血圧などで生じます。めまいが持続してしまい、頭を動かしても悪化はしません。耳鳴り・難聴を伴うことはありません。

末梢性めまいの症状は「ぐるぐる回る(回転性)めまい」と表現され、三半規管などの異常で生じます。突発的・周期的にめまいが起こり、頭を動かすとめまいが悪化します。耳鳴り・難聴を伴うことが多くあります。低気圧時に悪化することがあります。
発症する症状には個人差もありますが、以上のことから考えると、(立ちくらみではない)めまい・ふらつきが短期間で複数回続いた時には、まずは耳鼻科や脳外科などで一通りの検査を受ける(脳に異常がないことを確認する)ことが安心につながると思います。

しかし、めまい・ふらつきに関しては、検査で異常は見つからない・薬を飲んでも症状が治まらないという方が多くいらっしゃいます。また、症状の程度や出かたも人それぞれです。実際MRIなどの検査で脳・耳ともに器質的な異常が見つからなくても、上記の中枢性めまいと末梢性めまいの症状が混在する患者さんもいらっしゃったりします。そのような方々にこそ、鍼灸治療を受けていただきたいです。
西洋医学的に異常がない場合のめまい・ふらつきでも、鍼灸治療によって症状が改善する可能性はあります。耳周囲および頭部への血流を改善したり、首肩の筋肉の緊張を和らげることで心身をリラックスさせたりすることで、驚くほど症状が軽減することもあります(残念ながら、全てのめまい・ふらつきを消せるわけではありません。症状の軽減がみられないケースもあります。「私の場合はどうでしょうか?」とよく問われますが、「何回か治療をさせていただかないと判断できない」というのが正直な答えです)。

めまい・ふらつきは生活の質に大きく影響します。車の運転が不安になってしまいますし、転倒してケガをしてしまうかもしれません。少しでも症状を軽減させるためにも、めまい・ふらつきでお困りの方は名古屋市千種区本山駅にある、なかやま鍼灸院にご相談ください。

>耳の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com