お酒の席で最近顔を見ない人のことを尋ねて、「肝臓の調子が悪くてドクターストップらしいよ」なんて言葉を聞くと、悲しくなります。好きだからこそ、自分の体の健康に気を付け、長くお酒を楽しめるようにしたいものです。

なかやま鍼灸院イラスト01_アルコール性肝疾患

アルコール性肝疾患とは、お酒を大量・持続的に飲むことが原因で、その際に体内に摂取されたアルコールが中性脂肪に変わって肝臓に蓄積されることで肝細胞に障害が起こる疾患です。簡単に言ってしまえば、お酒の飲みすぎが原因で、肝臓が悪くなることです。

血液検査においては「ALT(アラニントランスアミナーゼ)またはGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)・基準値は5~40U/L」や「AST(アスパラギン酸トランスアミナーゼ)またはGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)・基準値は10~40IU/L」などの数値で肝臓機能の障害の程度が評価されます。
脂肪肝→肝炎→肝硬変、と進行していき、肝硬変まで進行すると不可逆的になります。しかし、肝硬変に至るまで目立った症状はないので、思い当たる原因(お酒を飲むことが多い・肥満である・血液検査の結果など)があれば、早期から予防的な対処をする必要があります。

アルコール性肝疾患の予防・改善のために何をすれば良いか?ほぼダイエットと同じです。食事に気を付ける・お酒の量を減らすなどで体に入れるものを減らし、適度な運動をする・肝臓の代謝を良くするなどで体から出すものを増やす、を、その人その人に応じて(病院での治療が必要な方はそれと並行して)バランスよく行えば良いと思います。
分かっていてもできないよ、やっているけれど結果が出ないよ、もっと効果を出したいよ、という方は、ぜひ当院で治療を受けてください。1・2回の治療でも、お酒を飲んだ後の感じに体の変化を実感していただけますし、ある程度継続的に治療を続けることで、アルコール性肝疾患予防・改善のお手伝いができます。

お酒が楽しく飲めることに感謝したいですね。

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com