シンスプリントになってしまうと、頑張れば頑張るほど辛い思いをしてしまいます。鍼灸治療を受けながら練習量を調節していただければ、痛みなく運動ができるようになります。症状を軽減させる&再発防止のセルフケアの指導もします。中学生・高校生・大学生・社会人の方など、真剣に競技に取り組んでいるのであれば、早期での完全復帰を一緒に目指しましょう。

なかやま鍼灸院イラスト02_シンスプリント

主な症状と特徴

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎のことで、下腿にある脛骨の内側下部1/3に鈍痛が出る症状のことです。すねの内側の下のほうを「ここ」ではなく「この辺り」が痛むと訴えることが多いです。陸上競技の長距離ランナーやサッカー選手・フットサル選手など、長い時間・距離を走り続けることで反復的に下腿に負担をかけるスポーツをされている方に多くみられます。何もケアをせずに放っておくと、悪化してしまうことも多く、運動前後には軽く痛むけれど、運動を始めてしばらくすると痛みが消える→運動中もずっと痛む→日常動作すら困難な強い痛みが続く、のように症状が変化します。

主な原因

下腿(下肢)の筋肉に疲労が蓄積することにより、脛骨の骨膜に炎症が起きてしまうことが痛みの原因です。痛みのある場所周辺の筋肉の緊張や筋力不足、偏平足(土踏まずのアーチが弱い)なども原因となります。シンスプリント発症時には、足の裏の張り・痛みなども併発していることが多くあります。

注意点

炎症症状なので、痛みのある場合は休養をとる必要があります。
パフォーマンスの向上を目指して練習する中で、必要でない休養は身体能力向上の妨げになってしまいます。真剣に競技をされている方にとって、練習ができなくなるのは辛いことです。目標とする試合・大会に痛みを抱えたまま出場しても、ベストの結果は出にくいでしょう。また、せっかく楽しみにしている運動が痛みのせいでできなくなってしまうと、精神的にもストレスが溜まってしまうでしょう。

病院での治療

整形外科の病院では湿布や痛み止めが処方され、電気治療が処置されることもあります。しかし、これらでは根本的な解決にはなりません。仮に痛みが軽くなったとしても、再発防止も考えれば、よりしっかり痛みが消えるように治療をしておく必要があると考えます。痛みが強いケースではレントゲン撮影で脛骨疲労骨折と診断されることもありますが、基本的な治療方針・内容に違いはありません。

なかやま鍼灸院での治療

シンスプリントに対して、痛みを軽くする・痛まないようにする・再発防止・発症予防のためには鍼灸治療がとても有効です。鍼灸治療には、局所の血流を改善させることにより、筋肉の緊張を緩和させる効果があります。治療後には、患者さん自身が驚くほど筋肉が柔らかくなり、かなり痛みが軽くなります。長期的には、下肢のストレッチ・土踏まず部分のトレーニング・運動フォームの改善なども並行して行うとより有効です。

シンスプリントで練習ができず悔しい思いをされている方へ

痛みなく、ためらうことなく体を動かせるということは、とても素晴らしいことだと思いませんか?
なかやま鍼灸院は、スポーツをされる全ての方を応援しています。そのレベルを問わず、目標に向かって努力されている方を少しでも支えることができるように、全力を尽くします。ちょっとしたことでも、体の状態は大きく変わります。鍼灸治療が未経験の方もぜひ、一度当院の治療を受けていただきたいです。

>スポーツ障害の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com