物をつかむ時・握る時などに、肘に痛みを感じる。テニスやゴルフなどのスポーツで、インパクトの瞬間に肘の外側に痛くなる。これらは、上腕骨外側上顆炎の症状です。肘の動きはではなく、手首の動きが原因です。この症状をしっかり治したいのであれば、鍼灸治療がとても有効です。

症状_上腕骨外側上顆炎テニス肘
主な症状

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)はその名前の通り、上腕骨の外側上顆に付く筋肉に炎症が起こっている状態です。運動時に肘の外側(手のひらを前に向けた状態で親指側)に痛みを感じます。動かさなければ痛みは出ません。前腕部(肘から手首までの部位)の痛みを感じる部位周囲の筋肉は固く緊張してしまいます。昔はテニス選手に多い症状だったことから、現在でも便宜的にテニス肘と呼ばれることが多くあります(上腕骨外側上顆炎はバックハンドテニス肘とも呼ばれます)。

主な原因

炎症が原因で痛みの出る症状なので、使い過ぎが主な原因で発症します。ここで注意が必要なのは、(痛みの出る部位は肘の外側辺りですが)痛みの原因となる運動は肘関節の曲げ伸ばしではなく、手首の背屈運動だということです。近年では、パソコン仕事の多い会社員やOLさんがこの症状で悩まされることが増えているようです。微妙に手首を背屈させた状態を長時間持続させることになるので、キーボードでのタイピング作業やマウスのクリック動作などのパソコン作業が、発症の原因になってしまうからです。他にも、テニスをしている・ゴルフをしている・音大の学生(ピアノ専攻)・美容師・料理人などの方々もこの症状を訴えて来院されています。

病院へ行くのなら

整形外科が専門科になります。いくつかの簡単な徒手検査(手で行うテスト)で、ほぼ診断が確定するので、レントゲンやMRIなどの検査の必要はありません。多くの場合は、安静を指示され、湿布や電気治療または温熱治療などが選択されます。サポーターを付ける指示や、痛み止めの注射もされるかもしれません。しかしそれらの処置で一時的に痛みが軽減したとしても、筋力以上の負荷が継続的にかかってしまえば、再発してしまうことも多々あります。発症の原因となった運動や動作を繰り返さざるを得ないのであれば、再発ないようにすることが大切です。

なかやま鍼灸院での治療

はり治療は筋肉の緊張を緩める効果が高いので、上腕骨外側上顆炎に対してとても有効です。直後効果も実感していただけることがほとんどです。患部が冷えて硬くなっているのであれば、ホッカイロなどを使い温めることも、症状の軽減につながります。
①痛みの強い時は、痛みの出る運動を極力控える(動かさないようにする)
②痛みを軽減させる(予防する)ための治療を受ける(筋肉を柔らかくする)
③ストレッチなどを自分で行いながら、痛みのない範囲で動かす(適度に動かす)
④②と③を繰り返しながら、筋力を強化させる
このようなリハビリテーション的なステップを踏んで行けば、仕事やスポーツをする上で困ることを最小限に抑えながら、スムーズに痛みを軽減させ、再発を防ぐことも出来るでしょう。なかやま鍼灸院ではストレッチの指導も行い、セルフケアで痛みの出ない状態を保てることを目指した治療を行っています。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)でお困りの方へ

肘が痛いな、と思ったら、鍼灸治療を受けてみてください。習慣的に負担をかけている方ならば、なおさら、予防を含めての治療ができます。この症状に対して鍼灸治療は直後効果も大きいので、多くの患者さんにとても喜ばれています。痛みを我慢しながら動作・運動を続けてしまうと当然症状は悪化し、痛みも強くなり、治るまでの時間も長くなってしまいます。まずは自分で前腕部の筋肉を伸ばすストレッチを行い、セルフケアでの改善を試みてください。それでも症状が軽減しない時は、なかやま鍼灸院にお気軽にご相談ください。

>運動器の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com