あなたが現在、肩の痛みで腕を挙げられないのであれば、その症状は肩関節周囲炎かもしれません。肩関節周囲炎は、四十肩・五十肩とも呼ばれます。肩を動かすと痛みが出て、関節の可動域(動かすことのできる範囲)を制限します。悪化してしまうと夜間痛により睡眠の妨げにもなってしまう、とてもつらい症状です。肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)には鍼灸治療がとても有効です。自分でできる治し方も記載してありますので、ぜひ最後までご覧ください。

症状_五十肩
主な症状

肩関節周囲炎は別名として四十肩・五十肩とも呼ばれ、40~50歳代に多く発症するためこう呼ばれています。四十肩と五十肩は同じ状態のことなので、例えば60歳の方がこの症状を発症したとしても、分類(医師の診断名)的には五十肩になります。英語では「frozen shoulder:凍った肩」などとも呼ばれるようで、症状の状態をうまく表現しています。
症状の現れかたには個人差も大きいのですが、肩関節辺りの鈍痛と可動域制限(動かせる範囲が狭くなること)から始まり、数か月かけて痛みの強さと可動域制限が悪化していきます。肩の痛みが強くなってしまうと夜間痛で眠られない程にもなり、不眠による精神的・肉体的な疲労の蓄積がうつ症状を引き起こしてしまうことすらあります。肩関節の可動域制限が強くなると腕を前後外方どの角度にもほとんど動かせなくなってしまうこともあり、そうなってしまうと当然高い位置にある物には手が届かず、着替えや洗髪などの日常生活動作ですら困難になってしまいます。症状はピークを過ぎると再び数か月かけて軽減していきますが、適切なリハビリを受けないと可動域制限の後遺症が残ってしまうこともあるようです。
このように、とてもつらい肩関節周囲炎ですが、人によっては症状も軽くたいした治療もすることなく治癒することもあります。しかし、どんな人が軽症で済むかまたは重症化してしまうかの基準は分かっていません。
また、肩関節が痛む症状としては肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)以外にも腱板炎や腱板損傷、石灰沈着性腱板炎などもあり、より適切な処置をするためには、問診や各種検査などによって鑑別する必要があります。

原因

肩関節周囲組織の炎症が原因です。一説には関節包の炎症が原因だとも言われています。しかし、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)になぜなってしまうのか、の原因は定かではありません。が、なぜ痛いのかの主な原因は「肩関節を動かす際に使う筋肉が硬くなってしまっているから」です。つまり、どの動作でどこに痛みが出るのかを明確にし、それに関係する筋肉の緊張を緩めることで症状を改善させることができるのです。

病院へ行くならば

病院での治療は整形外科の担当領域になります。肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)は骨の疾患ではないので、レントゲン検査での異常は認められません。湿布・痛み止めの薬の処方・局所麻酔剤や消炎鎮痛剤(ステロイドなど)の注射・温熱療法・電気光線療法・マッサージ・ストレッチ・体操指導などが状態に応じて行われます。効果の程は人それぞれで、なかやま鍼灸院へは「しばらく病院で治療を受けているのだけれど、なかなか治らなくて…」と来院される方も多くいらっしゃいます。

自分でできる治し方

セルフケアとして自分でできる治療であれば、まずは患部を温めることがお勧めです。特に冬場または夏場の冷房の風を避けることができない時には、肩の痛みの強い部分に服の上からホッカイロを貼ると良いでしょう。もう一つは先述した、病院で指導される体操です。コッドマン体操(通称アイロン体操)と呼ばれ、要は軽重量物を持つことで自然に肩の筋肉が伸ばされる静的ストレッチです。人により症状の強さによりで適した重さ・腕の角度・時間などが異なりますので、自分でできるとはいえ、気を付けて行う必要があります。再発予防を目的とした場合にもストレッチが有効です。肩関節周囲の筋肉の緊張を防ぐことが大切です。

鍼灸治療なら

鍼治療は、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の治療にとても有効です。患部局所の血流を改善させることで筋肉の緊張を緩めさせることができ、肩の痛みを軽減させたり肩関節の可動域を広げることができます。鍼治療の場合、筋肉を緩める効果はマッサージよりも高く、(局所麻酔による神経ブロックとは全く異なるので痛みが劇的に(一時的に)消えることはありませんが、)治療直後には自然な感じで痛みが軽減します。そして、より楽な感じになるように→それが長く続くように、と寛解と増悪の小さな波を繰り返しながら大きな波として徐々に症状改善の方向へ向かわせます。痛みを軽減させるのと並行して、可動域制限の改善と治療効果の継続のためにストレッチや自分でできるストレッチの指導を行います。痛みが軽減して状態が改善するのに応じて治療間隔を空けていき、最終的には痛みゼロで可動域制限ゼロの状態を目指します。

当院には「病院で治療を受けているのだけれどなかなか良くならなくて…」とお電話されてくる方も多くいらっしゃいます。肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の症状でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com