坐骨神経痛は鍼灸治療で改善させることができます!立ち上がれない・家から出られない・長い距離を歩けないなどの強い痛みでも、病院で手術をすることなく症状を軽減させることができます。もちろん、習慣的に運動をされている方に対しては予防的な治療ができます。お尻・太もも・すね・足の指にかけての痛みやシビレなどでお困りの方は、在宅訪問治療(往診)も行っているなかやま鍼灸院にお気軽にご相談ください。自分でできる坐骨神経痛の改善法も記載しておきますので、最後まで読んで参考にしていただければ幸いです。

なかやま鍼灸院イラスト03_坐骨神経痛

主な症状・特徴と原因

坐骨神経痛とは、臀部(お尻)~大腿(太もも)裏~すね~足の指に、痛み・しびれ・知覚鈍麻・筋力低下などが起こる症状です。症状名であり、病名ではありません。
腰臀部の筋肉の緊張・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などにより坐骨神経が刺激されてしまうことが原因で起きます。肘をぶつけた時に指先に「ビリッ」とした痛みを経験したことのある人は多いと思いますがあれと同じで、気になる症状は下肢に起きていても、坐骨神経痛のおおもとの原因となる異変は腰にあることがほとんどです。同じような症状が下肢の血流不全が原因で起こることもあるので、鑑別が大切です。

病院での治療

病院で治療を受けるならば整形外科を受診します。湿布・牽引・電気治療・安静維持などの保存療法が基本となります。
激しい痛みが続く場合などは手術も考慮されます(症状が進んでしまい、腰部椎間板ヘルニアが原因で排尿障害がある場合は、早急な手術適応となるので注意が必要です。)

自分でできる対処法

坐骨神経痛の多くの場合、腰の筋肉を緩めることが大切です。ですので、自分でできることとしては、カイロを貼るなどして腰を温める・腰やお尻のストレッチをする、などが挙げられます。湿布を貼っても鎮痛剤の効果で痛みを感じにくくなるだけで、状態が改善することにはならないのでお気を付けください。

なかやま鍼灸院での治療

整形外科・接骨院・整骨院・整体などの様々な治療を受けてもなかなか症状が改善されなくて困ってしまった方や、手術を受けて神経痛が軽くなったはいいが数年後に再発してしまった方などが、当院へは多く来院されます。はり・きゅう治療の、痛そう・熱そうなどのマイナスのイメージが鍼灸院への足を遠ざけてしまっていることはとても残念です。しっかりした知識・技術を持った鍼灸師は、患者さんの体質や症状に合わせた、患者さんにとって苦痛のない治療ができます。もちろん、症状が軽ければそれだけ治るのも早いです。当院では痛くない鍼灸治療を心がけていますのでご安心ください。
鍼灸治療は局所の血流改善・筋緊張緩和を促すことによって坐骨神経の圧迫を軽減させることができるので、坐骨神経痛に対して高い治療効果があります。知覚鈍麻や筋力低下が起きてしまっている長年の強い症状であっても、ある程度継続的に治療することで、坐骨神経の圧迫によって起される症状は鍼灸治療で改善させることができます。

坐骨神経痛で辛い思いをされている方へ

痛みを誤魔化しながらスポーツをされている方、肉体労働や長時間の立位・座位・歩行などで症状が辛くなってしまう方、湿布を貼って我慢しているという方、歳だから仕方ないと言われた方、そのような方々にこそ、当院の鍼灸治療を受けていただきたいです。少しでも辛さを和らげて、毎日を快適に過ごせるようにしましょう。また、病院で手術を勧められた際には、手術を受ける前にぜひ鍼灸治療を受けてください!

>運動器の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com