子供のおねしょは年齢を重ねるにしたがって自然に消えていくものです。しかし、なかには小学校入学前後(5・6歳)を過ぎてもおねしょをしてしまう子もいます。この場合を夜尿症(やにょうしょう)といいます。生活習慣を整えるなどして、症状を改善させてあげたいですね。

夜尿症(子供のおねしょ)
おねしょは何歳までいいの?

多くの場合は5・6歳ごろまでに治るとされています。それまでの年齢で起こるおねしょに関しては、膀胱の容量やホルモン分泌の不足などが原因で起こるので、特に問題はなく、心配は要りません。潜在的なストレスが原因になることも多いので、あまり叱らず、プレッシャーをかけず、優しい目で見守ってあげてください。おねしょは恥ずかしい・嫌だから何とかしたい、などと子供自身が思い始めたのであればそれをキッカケとして、生活習慣の改善を始めればよいと思われます。
まずは、規則正しい生活(食事)リズムにする・寝る前に水分を摂らない・寝る前に排尿しておく・寝ている間に体が冷えないようにする、などを心がけましょう。

病院へ行くのなら

病院へ行くのであれば、まずは小児科です(大人の方の夜尿症であれば、泌尿器科です)。夜尿症ならば、臓器に器質的な問題がないかを調べることは大切なことだと思います。しかし、そこで臓器に問題が無ければ、まずは薬を使わず、生活習慣の改善などで症状の改善をめざすべきでしょう。器質的な問題ではなく機能的な問題の場合、薬で解決しようとしても一時しのぎになってしまうからです。

鍼灸でおねしょは治せるの?

鍼灸治療は自然治癒力を高める治療なので、自律神経の働きを整えることを得意としています。大人でも緊張すると尿意を感じたりしませんか?緊張を減らしリラックスさせること、つまり自律神経の働きを整えることは、おねしょの治療にも有効なのです。当然ながら、大人の方の夜尿症に対しても有効です。
また、小学生低学年くらいまでの子供であれば、不安定な感情を落ち着かせて安定させる効果も大きいです。落ち着きがない・じっとしていられないなどが過度にあるのならば、病院で薬を使う前に、小児鍼の治療を受けてみてください。

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com