椎間板ヘルニアでお困りの方はいませんか?痛みやシビレ、感覚マヒや筋力低下、どれも辛いですよね。鍼灸治療は椎間板ヘルニアに対してとても有効です。ストレッチや体操など自分でできる軽減方法も載せてありますので、ぜひお読みください。



椎間板ヘルニアってどんな状態?

背骨は複数の椎骨(ついこつ)が連なってできています。椎間板とは、「椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をする軟骨」のことです。ヘルニアとは、「突出した状態」のことです。椎間板ヘルニアとはつまり、椎間板が(本来あるべき空間から)飛び出してしまっている状態を現します。

椎間板ヘルニアの主な症状

椎間板ヘルニアは頚椎(首)や腰椎(腰)で起こりやすい疾患です。椎間板腔を飛び出してしまったゼラチン状の椎間板が(基本的には片側ずつ)神経を圧迫してしまうことにより、圧迫されてしまった神経の支配領域に対して、シビレ・痛み・感覚障害(感覚鈍麻)・運動神経麻痺(筋力低下)などの神経症状が起こります。
腰椎椎間板ヘルニアでは、坐骨神経が影響を受けやすく、坐骨神経痛が起こります。下部腰椎にヘルニアがあると、排尿障害が起こることもあります。
頸椎椎間板ヘルニアでは、手指の感覚障害も大きな問題となります。

主な原因

人間は二足歩行をしているため、腰(腰椎)に負担がかかることを避けられません。近年はデスクワークなどが増え、首(頸椎)にかかる負担も増えています。普段は筋肉がこれらの負担をカバーしているのですが、疲労の蓄積による筋肉の緊張が慢性的に強くなってくると、負担をカバーしきれず、椎間板への負担が大きくなります。
このようにして背骨(椎骨)に過度の負担がかかり続け、椎間板への負担が大きく増えることで、椎間板は本来収まっている空間(椎間板腔)を飛び出してしまいます。このようにして、椎間板ヘルニアが起こるのです。
また、椎間板ヘルニアが起こるだけではシビレや痛みなどの症状の出ないケースもあります。痛みやシビレなどの症状の直接の原因となるのは、突出してしまった椎間板が、神経を圧迫してしまうことです。

病院へ行くのなら

病院へ行くのなら専門は整形外科です。レントゲン・MRI・CT検査などによって患部の骨や椎間板の状態を観察し、診断名が付けられます。各種検査によってヘルニアの存在が認められても、シビレや痛みなどの症状がない場合もあります。問題となるのは神経の圧迫があるのか否か、どの部位で神経が圧迫されているのか、です。
また、レントゲンやCTのX線(放射線)やMRIの強力な磁場は健康へ悪影響を与える可能性もあるので、あまり積極的に受けるべきものではありません。
治療としては基本的に、まずは保存療法が選択されます。鎮痛剤の処方・温熱療法・電気療法・牽引(けんいん)療法・神経ブロック注射などです。鎮痛剤やブロック注射はその場しのぎの対症療法にすぎません。当然、安静が指示されるでしょう。それらの治療によって効果が認められない時には手術が検討されます。排尿障害がある場合は速やかに手術を受けるべきでしょう。
椎間板ヘルニアの手術療法には様々な種類がありますが、一割弱のケースで再発してしまうようです。

自分でできる軽減方法

痛みやシビレなどの症状が特に強い時には、患部に負担をかけず、休養することが大切です。できるならば用事は後回しにして、安静を保つことが優先です。
症状が手指に出ている時には首、下肢に出ている時には腰、それぞれ症状の出ている左右の側が、主に治療すべき患部となります。特に背骨の際の辺りがポイントになります。
まずは、(神経が圧迫されていることが症状の原因なので、)患部の筋肉を柔らかくするために、温めましょう。ホッカイロなどが便利です。同様に、患部を冷やさないようにすることも大切です。
次に症状が軽くなってきたら、ストレッチをして筋肉の緊張を軽減させ、柔らかくします。
そして症状が楽になってきたら、予防として、ラジオ体操のような体操も有効です。

なかやま鍼灸院で治療するなら

鍼灸治療は椎間板ヘルニアの症状に対して、とても有効です。それは、鍼灸治療が筋肉を柔らかくすることを得意とする治療方法だからです。筋肉を柔らかくすることで、神経の圧迫を緩められれば、諸々の神経症状を軽減させることができます。血流を改善して患部の栄養状態を良くすることで、脱出してしまったヘルニアが戻ることもあります。
椎間板ヘルニアの場合は、患部となる(神経の圧迫の起こっている)部位が背骨の際であることが多く、皮膚表面からマッサージなどでは若干刺激をしにくいのですが、鍼治療であればこれらを問題とせずに、より的確な部位への治療ができます。
仕事・スポーツ・日常生活、椎間板ヘルニアになってしまう負担はどこにでもあります。少しでも症状が楽になるように、毎日の生活が楽しく過ごせるように治療させていただきます。椎間板ヘルニアでお困りの方は、なかやま鍼灸院にご相談ください。

>痛む・こる・シビレる症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com