潰瘍性大腸炎の治療を名古屋市で希望されている方、ぜひ最後までお読みください。鍼灸治療ならば、薬を使わずに症状を改善させ、毎日の生活を快適にして再発を予防することができます。鍼灸は、多くの医師が代替補完医療としてその効果を認め、医師自身が潰瘍性大腸炎の治療として選択しています。生活習慣や食事内容についての当院の見解や自分でできる改善方法などセルフケアの方法も載せてあります。

なかやま鍼灸院イラスト02_潰瘍性大腸炎(UC)

潰瘍性大腸炎の主な症状

潰瘍性大腸炎とは、慢性的に大腸の粘膜に潰瘍ができてしまう炎症性の疾患で、難病とされ、厚生労働省から特定疾患に指定されています。近年患者数の増えている疾患の一つで、現在(2016年)の患者数は18万人を越えるとされています。自覚し始めの症状としては、便意が我慢できなくなったり、粘血便(血液や粘膜などが混じった便)や下痢が続いたり、排便の回数が増えることが挙げられます。良くなったり(寛解)悪くなったり(増悪)を繰り返すことや、いったん状態が安定しても再発してしまうことが多くあります。
大腸以外にも、炎症性の症状(関節炎・口内炎など)が併発することもあります。また、重篤な合併症や大量出血など、緊急手術を要するほどの状態の悪化もあり得る疾患です。

潰瘍性大腸炎の原因

血液検査で炎症反応が出ることからも分かるように、大腸の粘膜で炎症が起こっていることが原因です。では、なぜ大腸で炎症が起こってしまうのか?腸内細菌や免疫異常が関係していると考えられていますが、はっきりした原因は分かっていません。
人によって種類や程度は異なりますが、食事内容も症状に影響します。

病院で治療を受けるなら

患部が大腸ですので、消化器科の標榜のある医院・病院へ行くべきでしょう。薬物療法が基本となり、主に、体の炎症を軽減させる薬(ステロイド)が処方されます。薬物療法でコントロールできない場合は白血球除去療法(血液から炎症に関わる白血球を取り除く)や免疫抑制療法が検討されますが、体への負担や副作用を考慮する必要があります。これらの治療を受けることで一定の効果がある点からも、潰瘍性大腸炎は炎症性の症状であり、免疫機能が関わっていると言えます。

潰瘍性大腸炎に対して自分でできること

セルフケアとして、症状の軽減や自己管理のために患者さまご自身でしてほしいことです。潰瘍性大腸炎の下痢などの症状は、結果として腸に炎症が起こってしまうことが原因なので、食べ物が与える影響は小さくないと考えます。刺激成分(トウガラシなど)や糖分(砂糖・炭水化物)を控えること・発酵食品(味噌など)を摂ること・プチ断食(12時間くらい「水」を飲むだけにして食事を控える、1日2食を基本とする)で腸を休めることから始めましょう。
また、腸の働きを悪くしてしまう精神的ストレス解消のために、適度な運動・のんびり入浴・ストレッチ体操などをして身体のストレスを解消させることも効果的です(身体のストレスを解消する→心のストレスが解消される)。少しずつでも構わないので、できることから始めましょう。人によりけりでセルフケアの効果の程度も変わってきます。自分に合った方法を見つけることができれば、より効果的な対処ができるでしょう。

なかやま鍼灸院での治療

潰瘍性大腸炎に対して、鍼灸治療は高い効果があります。鍼灸療法の消炎作用・防衛作用によって、炎症を抑え・自己免疫機能を整えることができるからです。疲労の蓄積などの心身の緊張(ストレス)を解消させることによって、ストレスの影響を受けやすい消化器である大腸の働きを整えることができます。
症状を軽減・安定させることで、血便・粘血便や下痢の程度と頻度が軽減します。使用している薬の回数や量を徐々に減らしていくことで、体への負担を減らすことができます。状態や仕事などの兼ね合いを考えながら、日々の生活への支障がゼロになることを目標として治療をしていきます。

なかやま鍼灸院では、(生活習慣の改善や食事内容の管理によって)患者さまご自身のセルフケアにて潰瘍性大腸炎の状態を安定させることを目標として治療をしています。日常生活に支障がない程度まで状態が回復することも多々ありますが、症状がなくなったら何もしなくて良い、ということではありません。症状がない状態を維持するために健康管理をしていく必要があります。毎日の生活の中で患者さまご自身で健康管理をし、その結果薬を使わずに済み、時々悪くなりそうなときには早い段階で鍼灸治療を受ける。このようなレベルまで回復することができれば、潰瘍性大腸炎という疾患を抱えていても日常生活上の不便さはほとんどなくなります。
予防と健康管理の面からも、鍼灸治療は有効です。潰瘍性大腸炎は、世間一般からの理解度もまだまだ低く、そのような意味からも患者さんの苦しみが増してしまいます。名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院では、潰瘍性大腸炎に苦しむ方のつらさを少しでも軽減させるお手伝いをしたいと思っています。

 

>お通じ・お腹の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com