皆さんあまりご存知ではないかもしれませんが、痔の治療には鍼灸治療がとても有効です。「患部局所を見せていただくことはありません」ので、女性でも安心して治療を受けていただけます。

なかやま鍼灸院イラスト10_痔

痔とは、肛門周囲の静脈が圧迫されて血流が悪くなってしまうことで起こる症状の総称です。長時間の座位(肛門部の圧迫)や便秘・下痢で繰り返し「いきむ」ことなどが主な発症要因とされています。ある調査では70%以上の男女に痔の経験があり、その半数以上がいぼ痔であるとのことです。出産後の女性にも多くみられます。ですので、決して珍しい症状ではありませんが、場所が場所だけに人知れず辛い思いをされている方も多いと思われます。痔の主な症状は痛みと出血です。大腸がんなどとの鑑別が大切で、簡便的な見分け方としては、出血した血液の色が黒色なら大腸の疾患・赤色なら直腸から肛門の疾患と考えられます。

痔は、痔核・裂肛・痔ろう・肛門脱に分類されます。痔核とは、いわゆるいぼ痔のことで、内痔核・外痔核に分類されます。症状は、出血・便失禁・痛みなどで、痔の程度や場所によって異なります。裂肛とは、いわゆる切れ痔のことで、排便時の鋭い痛みやその他の時間の痒みが主な症状です。切れ痔の出血量は微量で、いぼ痔より少なくなります。便秘(で固い便を排便するときに肛門が切れてしまう)が主な原因です。

痔の治療はまず、生活習慣を改善させることが大切です。病院で手術をすれば即時的な効果がありますが、主な原因が生活習慣にあるだけに、再発してしまうことも多いようです。どのような生活習慣に改めるべきかと言えば、痔の原因は患部局所(肛門周囲)の血流の悪化なので、患部及び体全体の血流が悪くなることは避けつつ血行の良くなることを行うようにします。例えば、長時間の座位は避ける・トイレで強くいきまないようにする・食物線維を摂る・運動をする・肛門を清潔にする・下半身を温める・湯船に入浴するなどです。健康的な生活に必要な基本的なことを改めて見直して、少しずつでも生活習慣を変えていくことが大切です。

鍼灸治療は血流を改善させることを得意としていますので、痔の治療にはとても有効です。症状はお伺いしますが、患部局所を確認することはありませんのでご安心ください。鍼灸治療ならば腰・足などを治療することで、全身や特に肛門部の血流を改善させることができます。東洋医学的な考えから、頭部に鍼をすることもあります。
痔の症状は恥ずかしくてなかなか言えないことも多いかと思います。外科や肛門科へ行くのも勇気が要るでしょう。しかし症状が強いと、それこそ病院へ行かなければならなくなってしまいます。そうなる前になかやま鍼灸院へご来院ください。発症初期・症状軽度のほうが治りも良い傾向ですが、治療を始めるのに遅すぎることはありません。いつでもお気軽にご相談ください。

>お通じの症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com