目が疲れてお困りの方はいらっしゃいませんか?目を酷使することが増えてしまい、目薬を使ってばかりいても解決にはなりません。眼精疲労やドライアイは肩こり・頭痛・吐き気などの原因にもなってしまいます。自分でできる目の疲れを軽減する方法も書いてありますので、長時間パソコンやスマホを使う方は、ぜひお読みください。

img-syoujo397
主な症状

眼精疲労(がんせいひろう)の症状は、眼が渇く・目がかすむ・見えにくくなる・目がショボショボするなどと表現されます。これらの症状によって物を見にくくなってしまうので、仕事は当然として日常生活にも影響が出てしまいます。眼精疲労が悪化して続くことで、肩こり・頭痛・吐き気などが起こってしまうこともあります。それらの症状が起きていない、「目が疲れる」程度で済んでいるうちに対処できることが理想です。
目薬をさすことで目に潤いを与え、一時的に症状を軽減させることもできますが、あくまでその場しのぎにしかなりません。徐々に目薬をさす間隔が速くなり、目薬なしではいられなくなってしまうので注意が必要です。

眼精疲労の原因

意識を集中して物を見ることでまばたきの回数が減り、更にそれが長時間続くことで眼球を潤すことができなくなり、目が乾いてしまいます。いわゆるドライアイの状態です。これが眼精疲労の大きな原因の1つです。
現代社会では目が酷使されています。仕事でパソコンは必要不可欠な物となり、「一日中パソコンとにらめっこをしている」と患者さんから聞くことも少なくありません。仕事以外でも携帯電話やスマホなどの便利なツールも日常生活には欠かせなくなっています。地下鉄の中では携帯やスマホをいじっている人がたくさんいます。歩きスマホが問題となってしまう程、手放せない便利な道具として多くの方々が所持しています。私は読書が好きなのですが、楽しくてついつい長い時間休憩なしで読んでいると、徐々に目がかすんで文面が見にくくなってしまうことを実感します。これら、画面や書面などを長時間見続けてしまうことが眼精疲労の原因になっていることがほとんどです。

病院での治療

眼精疲労の治療で病院へ行くのならば眼科になります。眼精疲労の原因となるドライアイについて、シェーグレン症候群など他の疾患が原因でないかを検査することになるでしょう。原疾患(この場合、眼精疲労やドライアイを引き起こす原因となる器質的な疾患)がなければ、目薬が処方される程度でしょう。

なかやま鍼灸院での治療

眼精疲労の原因の一つはドライアイです。ドライアイの原因は、まばたきが減り目の潤いがなくなってしまうことです。まばたきが減る状況の多くはじっと1点を見つめている状態です。じっと1点を見つめている状態では目を動かす筋肉は固定されています。固定されている筋肉は(意志によって動かすことのできる随意筋なので)他の部位の筋肉と同じように疲労によって緊張して硬くなってしまいます。その結果、血の流れが悪くなり栄養状態も悪くなってしまうので働きが悪くなってしまうのです。鍼灸治療では「目を使うことで疲労して硬くなってしまった筋肉を柔らかくする」ことで眼精疲労を改善します。筋肉を柔らかくして疲れを解消するには血流を良くすることが効果的なので、目の周り(眼球周囲及び眼窩内)の血の流れを良くすることが、治療の大きな目的の1つになります。
また、目の疲れは精神的なストレスにもなり、メンタル面への影響もあるので、うつ症状への治療の際にも眼精疲労の治療を加えることが多くあります。

自分でできる治し方

眼精疲労に対してのセルフケアの方法をお伝えします。正しいやり方のほうが効果も高いので、ぜひ興味のある方はご自身でも調べてみてください。
①眼の体操(眼球の運動)。視野の左右の端(はし)に指などの目標物をおき、それを右→左→右→左と、頭は動かさずに、眼球の運動で交互に見るのです。左右だけでなく、上下・遠近でも同じように目の体操・眼球の運動を行います。これにより、同じものを見続けることで硬くなってしまった筋肉がストレッチされて緩み、血流が改善されます。
②首肩のストレッチ。首や肩のこりをほぐすことは、目の疲れを軽減させる・目を疲れにくくすることにも効果があります。首の根元(ツボの名前で言うと「天柱」)や目の外方(ツボの名前で言うと「太陽」)を押すのも有効です。
③目の周りを温める。蒸しタオル(軽く濡らしたタオルをレンジで温めるでも可、ヤケドに注意)をアイマスクのように目の周りに当て、温めます。同様の効果を狙った既製品商品も発売されています。目の周りを温めるとリラックス効果も実感することができるでしょう。

眼精疲労・ドライアイでお困りの方へ

目の疲れがとれて気分よく起きられると、とても気分が良いものです。
眼精疲労を主訴として来院される方はそれほど多くはありませんが、頭痛・肩こり・うつ症状を主訴として来院された患者さんで目の疲れを訴える方は多くいます。眼精疲労に対しての治療を加えると「目がスッキリした」「視界が明るくなった」と喜ばれることが多々あります。とても効果的な治療だからこそ自信を持ってオススメしています。視界が明るくなって目がスッキリ気持ち良いって、とても心地良いものですよね。目の疲れをなんとかしたい方はぜひ、なかやま鍼灸院へご来院ください。

>その他の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com