肩凝りでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。肩が重ダルく感じるだけで済んでいるのならまだしも、頭痛がする・吐き気がする・首を動かしにくい・手がしびれる・歯が浮く感じがする・眠りにくい・イライラする、などの症状が出てしまうのであれば、症状が楽になるように積極的な対処をする必要があるでしょう。自分でできる肩凝り対策も書いてありますので、ぜひ最後までお読みください。

なかやま鍼灸院イラスト06_肩凝り

肩凝りって何?

肩凝り(肩こり)とは病名ではなく、症状名です。首から肩関節の間にある筋肉(「肩をもむ」時に「肩」と呼ばれる部位)や背骨と肩甲骨の間にある背中の筋肉の緊張が原因による凝り感・こわばり感・痛み・重だるさ・不快感などが主な症状です。頸肩腕症候群の症状としても現れます。

肩こりの原因は?

首や肩への持続的な負担が局所の血流を悪くすることによって筋肉の緊張が緩まなくなり様々な肩こり症状の原因となる、との考えが有力とされています。西洋医学的な確定的な診断方法や治療方法は未だ確立されていないので、腰痛と同じように、困っている人が多くいるのに未解明な部分の多い症状だと言えます。肩こりや腰痛のような、西洋医学的な治療方法が確立されていない症状にも、自然治癒力を高めることを目的とする鍼灸治療は大きな効果を発揮することができます。

肩凝りが原因で起こる症状

肩凝りが原因で、様々な症状が起こり得ます。それらの諸症状に対して、重く感じるから湿布、頭痛がするから鎮痛剤、吐き気がするから薬を飲む、歯が浮く感じがするから歯医者へ行く、眠りにくいから睡眠導入剤、など、いちいち薬を使っていたら大変なことになってしまいます。薬を使うのは後の手段として残しておき、自分自身の体の状態を改善させる(肩こりを軽減させる)ことで、それが原因で起こる症状を軽減させるべきではないでしょうか?

自分でできる肩こり対策

肩こりを感じた時、皆さんはまず何をされますか?首や肩を回して動かしたり、自ら手を当てて硬くなってしまった筋肉を揉んで柔らかくしようとするのではないでしょうか?そうです、肩こりは硬くなってしまった筋肉が柔らかくなると楽になるのです。では筋肉を柔らかくするために何をすれば良いのでしょうか?なかやま鍼灸院では、肩こりを愁訴とされる患者さんに入浴とストレッチをお勧めしています。入浴によって体温が上がり体全体の血流量が増すことで、硬くなってしまっている筋肉の血の流れが良くなれば、栄養状態が改善されたり疲労物質が除去されたりして筋肉が柔軟性を取り戻してくれます。凝りを感じている局所をピンポイントで温めることも良いでしょう。ストレッチによっても筋肉は柔らかくすることができます。反復継続的にストレッチを行っていただければ、筋肉の柔軟性が増し、肩こりの予防にもなります。軽い肩こりや日々のケアであれば、これだけでも十分な効果を発揮するはずです。

なかやま鍼灸院での治療

入浴やストレッチなどのセルフケアでは楽にならない、という方や、マッサージを受けると楽にはなるけれど効果が長続きしないという方にも、鍼灸治療をお勧めします。
筋肉は何層にも重なっており、姿勢を整えたり体の動きの微調整をする時によく働く筋肉は、基本的に内側(奥の方)にあります。肩こりの時に硬くなってしまう筋肉は、奥の方にあることが多いのです。体の表面から押すマッサージではこれらの筋肉に対して直接刺激を与えることはできず、入浴も外側の筋肉から順に温まっていくので、これらの方法では「かゆいところに手が届く感じ」で筋肉をダイレクトに緩めることはできません。これらに対して鍼の治療であれば、愁訴の原因となる硬くなっている筋肉に対して直接ピンポイントにアプローチすることができるので、凝っている筋肉を的確にしっかり緩めることができ、治療効果がより高くなるのです。
辛い肩こりにお悩みの方、本気で肩こりをなくしたい方は、改善効果が高く・持続するなかやま鍼灸院の治療をぜひ受けに来てください!

>運動器の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com