とても多くの方が悩んでいる膝の痛み。膝に痛みがあると、歩くことや階段の昇り降りなど毎日の生活で困ってしまいますよね。状態が悪くなれば寝たきりの原因にすらなってしまいます。全ての人にとって他人事ではない膝痛ですが、鍼灸治療で改善させることができます。自分でできる改善・予防方法も書いていますので、ぜひ最後までお読みください。膝痛のない毎日を、楽しく過ごしたいですね!



主な症状

立ち上がる時や長く歩いた後など、膝に体重(負担)がかかると痛くなります。痛みの出やすいケースとしては、膝に大きな負担のかかる階段昇降時(特に降りる時)が挙げられます。症状が悪化すると関節可動域(ROM)に制限が現れ、正座や膝の曲げ伸ばしが困難になることもあります。痛みの出やすい場所は膝関節の内側です。これは、骨格的にO脚の方が多いことが理由です。

主な原因

膝痛は原因によっていくつかの種類に分類されますが、ここでは、スポーツ外傷や関節リウマチ以外の原因によるものについて説明していきます。
上記以外の原因では、主に加齢(筋力低下)・肥満が挙げられます。また、中高年の女性が閉経によってホルモン分泌のバランスが変わることで骨が弱くなりやすくなってしまうことも、原因と考えられています。膝関節周囲の筋力が低下したり体重が増えることで、関節にかかる負担が増えてしまい、軟骨や骨が少しずつ変形してしまうことによって炎症が起こり、痛みが出てしまうのです。
しかし、加齢や肥満が原因とはいえ、歳をとられた方や体重の多い方の全員が膝痛で困るようになる、ということではありません。80歳や90歳になっても、元気にウォーキングをされている方や一人で何不自由なく暮らしている方もたくさんいらっしゃいます。膝の痛みは治療・予防することができるのです。

病院での治療方法

病院での担当科は整形外科になります。レントゲン(X線)撮影やMRIで関節の状態の確認が行われます。関節液や血液の検査が行われることもあります。年齢が考慮され、多くの場合は変形性膝関節症と診断されるでしょう。50歳以上の女性の約半数が変形性膝関節症だという調べもあるくらいなので、決して珍しい症状ではありません。病院での治療は、湿布や温熱療法や電気治療に終始することが多く、「水が溜まったら注射で抜く(関節の潤滑油の役割をしている滑液が炎症によって過剰に溜まってしまうので、これを注射器で抜くことで痛みを和らげるという処置のこと)」こともあります。これらの治療で痛みが軽減しても一時しのぎにしかならないことが多いので注意が必要です。

自分でできること

膝の痛みを軽減・予防するために、自分でできるセルフケアの方法です。要点は「どのような方法で、膝にかかる負担を減らすか」です。

① 家の中で過ごすにも膝に痛みが出てしまう場合、まずは痛くないほうの脚に頑張ってもらい、痛みのある部分にかかる負担をできる限り減らしましょう。痛みが強い時には、休ませることが一番大切です。立ち上がる時や階段昇降時は痛みの出やすいタイミングですので、特に気を付けてください。正座も控えたほうが良いでしょう。ですが、休ませすぎも使わない筋肉の筋力低下につながるのであまり良くありません。どの程度動くかの塩梅は難しいのですが、各人によって状況や状態も異なるので個人個人で判断するしかありません。患部を触って冷たく感じるのであれば、温めると良いでしょう。

② 無理に動くことを控えながら、次は膝関節周りの筋肉(ふともも・すね・ふくらはぎ)の筋肉を柔らかくしましょう。膝関節にかかる負担を周りの筋肉にしっかりカバーしてもらうためには、それらの筋肉が疲れていてはいけません。自分で按摩・指圧・マッサージをしてもよいでしょう。撫でる・さするなどして血流をよくしても、筋肉は柔らかくなります。ほどよく動き(筋力低下を防ぎ)、しっかり疲れを取る(筋肉を柔らかくする)。この繰り返しが大切です。

③ 日常生活に問題がなくなってきたら、膝痛の予防を目的として膝関節周りの筋肉(特にふともも)の筋力トレーニングをしましょう。膝周り(特に太もも)の筋肉を鍛えることで、負担に対する許容量が増します。つまり、重い物を持ったり長く歩いたりして膝に負担がかかっても、すぐには痛みが出ないようにすることが出来るのです。

膝関節とその周囲の筋肉の緊張を和らげ、適切な運動や筋力トレーニングをすることで、膝の痛みを軽減・予防できます。
どんな症状でもそうなのですが、早期・軽度で治療を始めることが出来れば回復も早いので、少しずつできることから始めましょう。

なかやま鍼灸院の治療

鍼灸治療は、筋肉を柔らかくしたり炎症を軽減させる効果が高いので、膝の痛みに対してとても有効です。電気治療やマッサージなどでは届かない奥にある筋肉の緊張を緩和させることや、血液やリンパ液などの循環を改善することが出来ます。その結果、関節が動かしやすくなり、痛みなく動けるようになるのです。膝にたまった水も減ります。整形外科に長く通ってもイマイチ症状がスッキリしない方にもぜひご来院いただきたいです。
膝痛に対しては、動き過ぎも動かなさ過ぎも良くありません。まずは痛みを軽減させることが大切です。この段階で鍼灸治療は大きな効果を発揮します。次に、それに応じて、できること(歩ける距離を長くする・関節可動域を広げるなど)を増やすこと。そして、改善を積み重ねて再発を予防すること。これらのステップを一つ一つ確実に進むことができれば、膝の痛みで辛い思いをされることはないでしょう。膝に痛みがある人は要介護になってしまう確率が5倍にも増えるという調べもあるので、そうならないためにもしっかり治療・予防しておきたいですね。
年齢は関係ありません。膝に痛みや不安のある方は、お気軽にご相談ください。

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com