我慢できないほどの尿意・腹痛・頻尿でお困りの方は、過活動膀胱かもしれません。40歳以上の約1割、70歳以上の約3割の方が過活動膀胱だという調べもあるくらい、患者数の多い症状だからです。また、過活動膀胱(症候群)と間質性膀胱炎は、ほぼ同じものだという考えもあります。自分でできる改善方法も載せてありますので、ぜひ最後までお読みください。

症状_過活動膀胱
主な症状

過活動膀胱(かかつどうぼうこう)とは、我慢できないほどの尿意(尿意切迫感)・下腹部の痛み・頻尿(1日8回以上が目安)や夜間尿・尿失禁(尿もれ)などが起こってしまう状態のことを言います。どれも生命への危険はありませんが、仕事に支障をきたしてしまったり、生活の質(QOL:Quality of Life)を低下させてしまう、大きな問題です。

主な原因

排尿に関係する機能が正常に働かなくなることにより、自分の意志とは関係なく膀胱が収縮してしまうことで症状が起こるとされています。昔は神経因性膀胱という診断名であったことからも、神経の働きが障害されてしまうことが主な原因だと考えられています。
①脳血管障害やパーキンソン病など、脳機能に障害が起こる疾患が原因で過活動膀胱の症状が起こります。
② 同じ症状が起こる疾患として前立腺肥大・尿路結石・悪性腫瘍・間質性膀胱炎などが挙げられますが、これらは非神経因性(物理的な原因)となり、過活動膀胱とは別の疾患として区別されます。
③しかしながら実際は、これら以外(原因不明・加齢)が原因となっていることが、症例数としては一番多いようです。

病院での治療

この症状の病院での担当科は、男女ともに泌尿器科になります。近所のお医者さん、という意味では内科でも診察を受けられるかもしれませんが、処方される薬の分量は必要以上に多いと体によくありませんので、病院で治療を受けるのであれば、できれば泌尿器科の専門医が良いでしょう。問診・検尿・超音波検査などで過活動膀胱であると診断されると、薬物療法が選択されます。病院での治療は、あくまで対症療法になってしまいます。

自分でできる改善方法

① 生活習慣を整える(疲労やストレスを溜めないようにする)。
②排尿に関係する筋肉(骨盤底筋群)を強化するトレーニングを行う。
③自律神経の働きを良くする(積極的に体の疲労や精神的ストレスを解消する)。
④ ホッカイロを貼るなどしてお腹や腰を温めるようにする。
⑤ 水分の摂取量を少なくすることは頻尿症状の軽減要因にはなりますが、症状の解決にはなりません。必要量の水を飲まないでいることは健康的に悪影響ですので、1日1リットル強を目安に、水分を摂りすぎないように心がける程度でよいでしょう。

なかやま鍼灸院での治療

骨盤内の血流を改善させることで臓器(過活動膀胱の場合は特に、排尿に関係する神経や筋肉)の栄養状態を良くし、働きを正常にすることで症状を軽減させます。また、自律神経の働きを整えるための治療も同時に行うことで、尿意に関係する神経の状態を改善させることができます。
鍼灸治療は、西洋医学的には原因不明とされる症状に対してでも、人間が本来持っている自然治癒力を高める治療をすることで、症状を改善させることができます。鍼灸治療は便秘・下痢・痔・過敏性腸症候群(ガス型)や潰瘍性大腸炎など排便に関する症状に対して高い効果があるので、排尿に関する症状に対しても、高い効果を発揮することができます。先述の自分でできる改善方法などを指導することで、最終的には、安定した症状を自分で管理できることを目指します。

過活動膀胱で辛い思いをされている方へ

毎日の生活や仕事に支障が出ないことを当面の目標にしましょう。薬を使わずとも、症状を改善することはできます。なかなか他人に相談しにくい症状かもしれませんが、黙って何もしないでいては、治るものも治らないでしょう。環境や年齢のせいにせず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

>内臓機能・免疫の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com