(腰部)脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、腰部の脊柱管(脊椎にあり、中を神経が通っている管)が狭くなってしまう疾患です。脊柱管が狭窄されてしまう原因としては、主に加齢による脊髄変性が考えられています(ので発症される患者さんの多くは年齢が高めになります)が、年齢が若くても椎間板ヘルニアなどによって起こってしまうこともあります。特徴的な症状としては、間欠性跛行(かんけつせいはこう:歩いていると徐々に下肢の痛み・しびれ症状が出現して歩行が不可能になり、腰を前屈させて休むと症状が軽減する)が挙げられます。



治療に当たっては、閉塞性動脈硬化症(主に下肢の血管が閉塞して起こる症状)との鑑別が大切です。閉塞性動脈硬化症でも間欠性跛行が起こり、同じ間欠性跛行の症状が出ていても、主に治療するべき部位が、脊柱管狭窄症ならば腰部、閉塞性動脈硬化症ならば全身及び下肢と、異なってくるからです。

病院に行った場合は整形外科での対応になります。レントゲン・CT・MRIなどの検査により脊柱管の狭窄が確認されると、この診断名が付きます。治療は主に保存療法(湿布などの消炎鎮痛剤・温熱療法・神経ブロックなど)が選択されます。痛みやしびれが強かったり下肢の麻痺や排尿障害などが起きてしまっている場合には手術が行われますが、手術を受けたのに症状が消えない・改善しない・しばらくして再発した、などという声を聞くこともあります。

鍼灸治療は脊柱管狭窄症の症状改善に有効です。腰部の筋肉の緊張を緩めて血流を改善させることで神経の圧迫を和らげることができ、それにより下肢の痛み・シビレを軽減させることができます。腰部の筋肉は何層にも重なっており、同じ症状でも人によりけりで硬くなってしまう筋肉も異なってきます。鍼治療ならば硬くなってしまった筋肉が奥の方にある場合でも直接刺激を加えることができ、表面からの刺激よりも効果的に筋肉を緩めることができます。経験的には、治療期間・回数は腰痛やヘルニアなどによるシビレに比べると長くなる傾向にありますが、他の治療でなかなか改善が見られなかった方でも、鍼灸療法ならば脊柱管狭窄症の症状を改善させることができます。辛い痛み・シビレにお悩みの方は、ぜひ一度、名古屋市千種区本山駅徒歩1分にある、なかやま鍼灸院へご相談ください。

>腰下肢の痛み(坐骨神経痛・脊柱管狭窄症)の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:http://nakayamashinkyuuin.com