寝つきが悪い・夜中に目が覚める・朝早くに目が覚める・眠りが浅い(夢をハッキリ覚えている)。どれも睡眠障害(不眠症)の症状です。時々眠れない程度なら構いませんが、長期間じゅうぶんな睡眠をとれないでいると本人に自覚がなくても心身に疲労が蓄積してしまい、眠気・だるさ・イライラ・集中力低下・免疫機能低下などの原因になり、日常生活にも支障が出てしまいます。

睡眠に関する悩みは人それぞれですが、安易に薬に頼るのでは本当の意味での解決になりません。生活習慣を見直し、鍼灸治療で身体の緊張を緩めることで、精神的・肉体的にもリフレッシュできる心地よい睡眠に回復しませんか?ここでは主に、睡眠障害(不眠症)の原因となる原疾患のない場合について書いていきます。自分でできる快眠のコツもありますので、ぜひ最後までお読みください。

なかやま鍼灸院イラスト02_不眠症

・睡眠障害(不眠症)の主な症状と特徴

・どんな時に治療するべき?

・病院へ行くならば

・不眠対策として自分でできること(快眠のコツ)

・なかやま鍼灸院での治療

・睡眠障害(不眠症)でつらい思いをされている方へ

[睡眠障害(不眠症)の主な症状と特徴]

睡眠障害(不眠症)とは、睡眠の状態が悪くなることによって満足な睡眠を得られていない症状です。入眠困難(寝つきが悪い)・中途覚醒(夜中に目が覚める)・早期覚醒(朝早くに目が覚める)・熟眠困難(眠りが浅い)の4種類に分類され、このうちどれかが1ヵ月以上続くことで本人が苦痛を感じていることが、西洋医学の疾患としての睡眠障害の大まかな定義となります。

推奨される睡眠時間については諸説あり、7時間程度が一番健康的とされていますが、実際に必要とする睡眠時間には個人差があります。ですので、睡眠に関して大切なことは「何時間眠ったか」ではなく「精神的・身体的疲労が回復する睡眠がとれているか」であり、次の日に疲れがとれているという自覚など本人の満足感も問題になります。 睡眠障害には他に過眠症がありますが結果的としての症状が不眠症と大差ないことから、するべき治療内容は不眠症と同じ方向のものでよいと私は判断しています。

[どんな時に治療するべき?]

西洋医学的な疾患として定義される不眠症でなくても、気分がスッキリしない・疲れがとれていない・日中に眠くなるなどの経験は誰にでもあると思います。このような睡眠不足の状態が続いてしまうことは精神的ストレスや肉体的疲労蓄積の原因となり、自律神経の乱れや免疫機能の低下につながることで、結果的に体調を崩してしまうことにも繋がります。自覚的に「最近よく眠れていないな…」と心身に疲労感があれば、何かしらの対策をするべきです。そしてこのような場合はまず、病院へ行くのではなく、非薬物療法(薬を使わずに治すこと)を行うべきです。薬物療法の効果は高く、短期的に眠ることだけを目的とすれば有効なのですが、短期的にみても副作用があり、長期的に服用すると耐性や依存などの様々な困難な副作用が避けられないため、注意が必要だからです。

[病院へ行くならば]

眠りを妨げる原疾患(原因となる疾患)がなく、不眠症状の改善を目的として行くならば精神科です。もしくは心療内科やメンタルケアを標榜している病院が望ましいでしょう。定期的な通院が必須ですので、通いやすい場所にしましょう。例えば、痛み・かゆみ・耳鳴り・呼吸器疾患など様々な原因によって睡眠障害が起きてしまうため、精神科や心療内科以外でも、さまざまな診療科目にて眠るための薬(精神安定剤:抵不安薬・抗うつ剤・睡眠導入剤などと呼ばれるもの)が処方されています。

不眠症に対して薬は効果的なのですが、そのぶん、日中昼間に頭がボーっとしてしまう、常に眠い、イライラして落ち着かない、などの副作用が出る可能性があります。また精神安定剤の服用を長期間継続していると、徐々に薬の効果が弱くなったり(徐々に薬を増やさないと眠れなくなってしまう)、服薬をやめようとしても何だかんだでやめられなくなる(薬に対して心身的に依存状態になると、薬を減らすことやゼロにすることができなくなる、いわゆる「中毒」状態になる)ので注意が必要です。そもそも薬なしで快眠を得ることが健康的な目標になると考えますので、不眠症に対しては薬を使わないことが望ましいのです(仮に使うとしてもあくまで一時的・頓服的な使用に限定するべきです)。

[不眠対策として自分でできること(快眠のコツ)]

より良い睡眠を得るために自分でできる主なことは、以下のようになります。

・毎日の起床の時間を同じにする(生活のリズムを整える)。

・朝起きたら太陽の光を浴びる。

・二度寝や昼寝は控える。

・運動をして身体を疲れさせる(汗をかく程度以上)。

・毎日の睡眠時間として7~8時間を確保する。

・睡眠環境(室温・騒音など)に気をつける。

・眠る数時間前には入浴と食事を済ませる。

・ストレッチなどをして身体(特に首)を緩める。

・眠る1時間前からスマホやパソコンやテレビは観ないようにする。

・眠れない場合はリラックスして過ごし眠くなるのを待つ。など。

快眠のコツには他にもあるでしょうが、人それぞれに向き不向きがありますので、自分に合った方法から始め、ある程度の期間は継続させることが大切です。

[なかやま鍼灸院での治療]

眠れない→疲れがとれない→心身が緊張する→眠れない、この悪循環を断ち切って不眠状態を改善させるためには、心身の緊張を緩める必要があります。心身の緊張が緩まる→眠りが良くなる→心身の緊張が緩まる、この好循環に変えるのです。そして鍼灸治療は緊張(コリ)を緩め、心身の緊張を緩めリラックスさせるためにとても有効な治療法なのです。

鍼治療は、皮膚表面や深部にある固くなってしまった筋肉に直接刺激を加えることができるので、筋肉の緊張を緩めるのに高い効果を発揮します。緊張してしまった筋肉を緩めることで血流を改善させることができます(不眠に苦しんでいる方は、特に首・肩・背中にコリや張り感を訴える方が多いです)。身体の緊張が緩むことや手先足先の末梢の血流が改善されることで自律神経機能の副交感神経の働きを向上・安定化させることができます。自律神経の働きが改善されることにより精神的な緊張感も緩みます。これらの総合的な効果によって心身をよりリラックスした状態にさせることで、睡眠の状態を改善させることができるのです。臨床経験的にも、それが不眠症を対象とした治療でなくても治療後の患者さんから「気分がスッキリした」「眠くなった」という言葉を聞くことは多くあります。

あまり良いことではありませんが、仕方なく精神安定剤や安定剤や睡眠導入剤を長期間使い続けている方も多いと思います。薬をゼロにしたくないですか?鍼灸治療で身体の状態をより眠りやすくすることで、減薬の反動を極力小さくして徐々に薬の量を減らしていくことができます。これにより、例え「今」に問題がなくても、これから起こるかもしれない症状の悪化や副作用(薬が増えることを含む)を未然に防ぎながら断薬を目指し、より健康的な毎日を過ごせるようになります。

「人間の本来持っている自然治癒力を高める」「より良い状態にする」「悪くならないように(予防的に)治療する」ことのできる鍼灸療法ならば、当面の不眠状態の改善と同時に、不眠の原因となる疾患・症状があればそれらの治療もできるのです。

[睡眠障害(不眠症)でつらい思いをされている方へ]

昔から「快眠・快食・快便」なら健康などと言われているように、睡眠は健康にとって重要な位置を占めています。あなたの眠りが改善されて健康に近づくことは、あなただけでなく周りの人のためにもなります。グッスリ眠れる毎日を取り戻し、再びはつらつとした毎日を送れるようにしませんか?

睡眠障害(不眠症)の治療を希望されて当院へ来院される患者さまは年々増え続けています。そのような、ストレスを抱えながらつらい思いに耐えている方の健康を向上させるお手伝いができれば幸いです。

ちなみに飲酒は、寝つきを良くはしますが睡眠の質が悪くなり眠りが浅くなってしまいます。私もお酒が好きなので、眠れないときに一時的・頓服的にお酒に頼ることが悪いとは言いませんが、アルコールにも依存性があり、薬の服用と同じで不眠症状の根本的な改善にはなりませんのでご注意ください。

>自律神経の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
はり師・きゅう師の国家資格免許証を持ち、安全・安心・信頼を大切にする
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:https://nakayamashinkyuuin.com