はじめに、一人でも多くの方に知っておいてほしいことをお伝えします。「急に耳の聞こえが悪くなった時や急に耳鳴りや耳が詰まる感じ(耳閉感)が始まった時には、一日でも早く鍼灸治療を受けてください」。なぜならば、突然に発症した原因不明の聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい(主に突発性難聴と診断される)に対しては、発症早期から治療を開始したほうが改善率が明らかに高いからです。

突発性難聴は1年間に3万5千人が発症していると言われています。鍼灸治療の開始時期によって、症状の改善する可能性が変わってきます。病院での薬と併用でも構いません。このことを覚えておいていただき、身近な方にも教えてあげてください。なかやま鍼灸院は突発性難聴の患者さまを多く治療させていただいています。本気で突発性難聴を改善したいのであれば、ぜひご来院ください。セルフケアの方法も書いてありますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

なかやま鍼灸院イラスト01_突発性難聴

突発性難聴の主な症状と特徴

突発性難聴とは、他に原因となる疾患がないにも関わらず、急に聴力低下や耳鳴りなど耳の症状が起こる疾患です。通常は片方の耳に起こります。両耳同時に突発性難聴になったというケースはほとんどないようです。経験的に再発もすると言えます。発症すると「ある時を境にして急に聞こえが悪くなった、耳鳴りや耳閉感が始まった状態」を自覚します。病院で検査を受けても器質的な問題は見つからず原因は不明とされており、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病でもあります。

症状は聴力低下(難聴)のみならず、多くの場合、耳鳴り・耳閉感(耳が詰まる感じ)・響き感・めまい・吐き気を伴います。また、症状の程度は人それぞれ異なり、日常生活に支障をきたしてしまう重度の難聴や、気になって夜も眠れなくなってしまう大きな耳鳴り、歩くことが困難な激しいめまいを起こしてしまうこともあります。

突発性難聴の原因と考えられるもの

急に聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい・吐き気などを発症した時に耳鼻科の病院にて各種検査を受け、器質的に問題がないとされた際に診断名として付けられるのは、突発性難聴・急性低音(高音)障害型感音難聴・内リンパ水腫・メニエール病などが挙げられます。が、これらは「(西洋医学的に)原因と治療方法が明確にされていない疾患」だという意味において大差はありません。その証拠に、診断名が違っても処方される薬はほぼ同じものなのです。

なかやま鍼灸院では、突発性難聴の原因の大きなものは「耳への血流の悪化」や「自律神経の乱れ」だと考えています。15年以上の臨床歴の中で少なくはない数の突発性難聴(器質的に問題ないとされる聴力低下・耳鳴り・耳閉感などを主訴とする症例)の治療をしてきましたが、そのほとんど全ての方において、健側と比べて患側の耳周辺の筋肉の緊張が強いことが認められました。また、じゅうぶんな睡眠をとれていないケースが多くみられました。突発性難聴の発症機転では、精神的ストレスや疲労の蓄積が疑われており、それらにより耳周辺の筋肉の緊張が起こり、血流が悪くなることで栄養状態も悪くなり、機能の低下として聴力低下・耳鳴り・耳閉感などが起こっているのだと考えることができるのです。

聴力低下とは?

よく聞く言葉でいえば、難聴のことです。つまり「聞こえが悪くなること」です。高い音だけ聞きにくい・低い音だけ聞きにくいといった状態もあります。機械的な検査をすることで、「聴力」は数字として状態を客観的に知ることができます。しかし、「聴力がある」=「聞こえる」ではありません。例えば耳鳴りや耳閉感などがあれば、同じ聴力でも聞こえの度合いは悪くなります。また、「問題のないレベル」の聴力があったとしても、その人やその環境によって「問題のないレベル」自体が変わってきます(例えば音楽を仕事にしている人は、そうでない人に比べてより高い聴力を求めるでしょう)。科学的な検査結果としての聴力も客観的指標として当然大切なのですが、それに加えて、「本人が日常生活の中で実際にストレスなく聞くことができているか」ということも大切だと考えています。

耳鳴りとは?

耳鳴りは、「実際には聞こえないはずの音が聞こえているように感じてしまう症状」です。耳鳴りとして聞こえてしまう音は、高い音(ピー)・低い音(ザー)・流水音(シャー)・セミの鳴き声(ジー)などと表現されます。聞こえる音が大きければ会話の妨げになってしまいますし、強いストレスを感じて不眠症やうつ症状の原因になってしまうこともあるので、軽く考えてはいけません。もし耳鳴りが脈拍と同調している感じがあれば(血管の病気が原因のこともあるので)早急に病院で検査を受けましょう。

耳閉感とは?

耳閉感(鼓膜の圧迫感・閉塞感)は、空気圧で鼓膜が圧迫されたような「耳が詰まる感じと表現される症状」です。「音がこもって聞こえる感じ」を同時に訴える方も多いです。水の中にいる感じ、とも表現されます。新幹線に乗ってトンネルに入った時には、一時的になる方も多いでしょう(この場合は、あくびをすれば、気圧が調整されて治ります)。慢性的な耳閉感は鼓膜の炎症や中耳炎などが原因でも起きてしまいます。急性低音障害型感音難聴(別名、ストレス難聴)でも多く併発します。

響き感とは?

響き感は、感音性難聴に伴う聴覚過敏症のことで、補充現象(リクルートメント現象)とも呼ばれます。「(一定の音量を越えた)特定の音が響いて苦痛に感じてしまう症状」です。子供の叫び声や高音の機械音、電車やスピーカー、人ごみの喧騒などが苦痛に感じてしまうケースが多いです。耳鳴り・耳閉感・響き感・めまい・聴力低下は、全て耳の症状ですがある程度それぞれ別個の症状であり、発症も改善も基本的にはそれぞれ別々になります。

なかやま鍼灸院イラスト07_耳鳴り耳閉感響き感

病院で治療を受けるならば

まず行くべきは診療科目や病院の規模として、近所の耳鼻科で構いません。一日でも早めの受診が望まれます。各種検査により、器質的な異常の有無を確認されます。突発性難聴・感音性難聴・内リンパ水腫・メニエール病などの診断名が付けられますが、これらの疾患に対しての治療方針(処方される薬の内容)は西洋医学的に区別されておらず大差はありません。安静の指示や血管拡張薬・代謝改善薬・ビタミン製剤・利尿剤・ステロイドなどの薬が処方されます。それで改善が認められなければ、中・大規模の病院へ紹介され、念のためMRI検査が行われたり、入院して安静にしながら鼓膜に直接ステロイド注射を受ける、というのが多くの場合の流れです。入院する必要は(入院しなければ仕事量を減らして身体を休めることができないという人以外は)全くなく、通いで病院へ通院しながら鍼灸治療を受けるほうが改善の可能性は高くなります)。

それ以上の高度な治療である、高気圧酸素療法や星状神経節ブロックを受けられるのは大規模な病院だけです。それら高度な専門機関の治療を受けてさえも、およそ3分の2の方々には何かしら症状が残ってしまうといわれています。ですので、まず第一段階の、入院する前、近所の耳鼻科で上記のいずれかの診断が下された(または、よく分からない、ハッキリした器質的な異常はないと言われた場合の)時点で、一日でも早く、耳の症状に対しての治療を行っている鍼灸院で治療を開始してほしいのです。

また、耳鳴り・耳閉感・響き感に関してはあくまで自覚的なものであり、聴力のように客観的に検査で異常を確認できないことから、安定剤が処方されることがありますが、副作用と中毒性を考えると、耳の症状で安定剤を服用することはお勧めしません。

なかやま鍼灸院での治療について

鍼灸療法は「人間の持つ回復力を向上させる治療」ですので、器質的な問題が科学的に解明されていない場合や機能的な問題の症状に対しても効果を発揮することができます。聴力低下・耳鳴り・耳閉感・響き感を治療するのであれば、まずは耳周り・首・肩の筋肉の血流をよくすることが大切です。特に耳の周りの筋肉の緊張を緩めて血液循環をよくし、それにより内耳の栄養状態を良くします。

患者さま自身に疲労やストレスで症状が悪化してしまう実感があれば、身体の疲れを取ることも重要となります。背中・腰・足など、疲労を感じてしまっている部分の筋肉を柔らかくすることで血流および栄養状態を良くして回復を促します。また自律神経の働きを整えることで、睡眠の質を向上させ、精神的なストレスの解消も助けます。

時により日によりで症状の強弱に変化があるならば、まず症状の軽い状態を維持することが大切です。症状の軽い状態を維持することで身体へかかる負担や精神的なストレスを軽減させ、更なる改善を目指します。症状が固定されてしまっているのならば、体調を整えることで、まずは少しでも聴力低下や耳鳴りや耳閉感や響き感が軽減する時間があるようにします。

はり・きゅう治療には(突発性難聴の治療として多くの病院で行われる)薬と拮抗してしまうような副作用はないので、服薬と並行して治療を受けても何ら問題はありません。肉体的疲労を解消させることで身体全体および特に耳周囲の血流改善を目的とした治療を行うので、むしろ薬の効果は高まると考えています。

突発性難聴の症状は発症から治療開始が早いほうが、改善の確率は高くなります。では、例えば発症から1年・2年過ぎてしまっている場合に、鍼灸治療を受けることに意味はないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。自分の臨床経験や症例報告などの文献を見ても、「発症から年単位で時間が経過してしまった突発性難聴でも、症状が改善するケースはあります」。発症早期で治療を開始した時に比べて改善の確率は低くなってしまいますし、効果が現れるまでの期間も長くなりますが、改善の可能性はゼロではないのです。

自分でできる改善方法

「耳の周りの血流を改善させること」が大切です。首・肩のストレッチ・耳周囲の筋肉のマッサージや指圧・軽い全身運動(有酸素運動)・身体(特に首周り)を温める、などが挙げられます。人によっては、精神的なストレスを減らす・気分転換をするなどが効果的だったりします。もちろん、症状が悪化してしまう状況(例えば、疲労の蓄積・精神的ストレス・騒音環境など)はできるだけ避けるべきです。音の響き感が苦痛であれば耳栓をするのも良いでしょう。

突発性難聴でお困りの方へ

突発性難聴の治療に関しては、治療開始が早いか遅いかに関係なく、残念ながら症状の改善がほとんどみられないことがあります。しかし、症状が完全に消えることや軽減することも多くあります。だとすれば、服薬や自然治癒に任せるのではなく、今、受けることのできる治療をしっかり受けることが大切です。そして、鍼灸治療を受けることで症状が改善した方が多くいらっしゃるのは事実なのです。

なかやま鍼灸院では突発性難聴の治療を積極的に行っています。多くの方に、当院の治療を受けることで、聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまいが楽になったと喜んでいただいています。突発性難聴でお困りの方はお気軽にご連絡ください。詳しくお話をお伺いし、少しでもそのつらさが軽減するように治療させていただきます。

耳鳴り・耳閉感・響き感でつらい思いをされている方へ

耳鳴り・耳閉感・響き感・聴力低下(難聴)などの聞くことに関連する症状は、生活の質に大きく関わってくる大きな問題です。年齢を重ねることによってある程度の不備が出てしまうことは仕方ないにしても、その中で生活に困ることがないように、少しでも改善させるためや今の状態からの悪化を防ぐためにも、受けることのできる治療をちゃんと受けるべきだと思います。
なかやま鍼灸院では、耳鳴り・耳閉感・響き感・聴力低下に対する治療を積極的に行っています。聞こえに関係する諸症状の治療を始めるのは、発症してから早いに越したことはありません。再発をくり返してしまっている方は次も同じように治るとは限らないので、生活習慣を改善したり再発予防の治療を受けるべきでしょう。

鍼灸治療によって改善するかもしれない耳鳴りや耳閉感や響き感をそのままにしてしまうのはあまりにも残念です。なかやま鍼灸院の治療で、一人でも多くの患者さまの聞こえに関連するつらさを軽減できることを願っています。

>耳の症状の患者さまの声を見る


追記

耳の奥の内耳にある有毛細胞には、音の刺激を電気信号に変換する役割があります。この機能によって生物は「聞く」ことができます。ですので、簡単に言ってしまうと、この有毛細胞が死んでしまうと聞くことができなくなってしまいます(難聴が起きます)。そして、この有毛細胞は一度死んでしまうと再生されず、よって、一度失ってしまった聴力の回復は非常に困難とされています(鍼灸治療などで聴力が回復するメカニズムとしては、今まで使われていなかった有毛細胞が働き出すことで失われた機能を代替することが考えられています)。

先日、「有毛細胞を支える細胞に薬剤を投与することで(有毛細胞が新しく生まれて)マウスの聴力を回復させることに成功した」との報道がありました。これによって、有毛細胞が死んでしまうことによって起こった難聴に対しても(西洋医学的なアプローチからの)改善の可能性が出たことになります。もちろん、臨床の現場がこの恩恵に授かれるのはまだまだ先のことになってしまいますが、改めて医療の進歩を実感させられるニュースでした。

音が聞こえにくくなることは、著しく生活の質を低下させてしまう大きな問題です。突発性難聴をはじめ様々な疾患で難聴は起こってしまいます。なかやま鍼灸院では、難聴・耳鳴り・耳閉感などの聞こえに関する症状に対しての治療を積極的に行っています。鍼灸治療によって聴力が回復するケースは決して少なくはありません。先述した理由もあり、難聴・耳鳴り・耳閉感に関しては発症してしまってから早期の治療がより大切になります。これらの症状でお困りの方はなかやま鍼灸院にご相談ください。一人でも多くの方が少しでも突発性難聴による症状を改善させられることを願っています。

>耳の症状の患者さまの声を見る

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
はり師・きゅう師の国家資格免許証を持ち、安全・安心・信頼を大切にする
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:https://nakayamashinkyuuin.com