毎日頭痛がする、鎮痛薬を使っているが最近効かなくなってきた、などでお困りではありませんか?つらい頭痛は仕事や日常生活にも影響してしまいます。鍼灸治療は頭痛軽減のお手伝いができます。自分でできる治しかたも記載してありますので、ぜひ最後までお読みください。

img-syoujo405

主な症状

頭痛にもいろいろな種類がありますがここでは鍼灸治療の対象である、慢性的に起こる頭痛(脳に西洋医学的な異常の見つからない場合)について説明していきます。
頭痛の現れかたは、おでこが締め付けられる・こめかみの辺りがズキズキ痛む・目の奥が痛む・後頭部が痛む・ドクンドクン痛む・吐き気がするなど、人によって異なります。痛みの出るタイミングも人によって異なるのですが、慢性的な頭痛の場合、首や肩の筋肉疲労・精神的ストレスの蓄積・眼精疲労・過度の光刺激などで、発症・悪化することが多くあります。慢性頭痛には、緊張型頭痛(締め付けられるように痛むことが特徴)や片頭痛(脈拍と同じリズムでズキンズキン痛むことが特徴)などがありますが、臨床的には緊張型頭痛が多数を占めます。
ロキソニンやバファリンやイヴ錠などの市販の痛み止め薬(鎮痛薬)で一時的に痛みを感じなくさせることはできても、それは状態が改善しているということではありません。痛み止め薬は副作用に敏感な方もいたり、使い続けることで徐々に体が慣れてしまい効きめが弱くなる(同じ効果を出すために必要とする量が増えてしまう)こともあります。
慢性的に頭痛がある人でも「いつもと違う+とても強い(ハンマーでなぐられたような)」頭痛がある時には脳に異常が起きた可能性があり、早急に病院で検査を受ける必要があるので注意が必要です。

慢性頭痛の主な原因

慢性的に起こる緊張型頭痛の原因の1つは、同じ姿勢を長時間続けてしまうことによって、首や肩の筋肉が硬くなってしまうことです。首や肩の凝りの大きな原因は、パソコンやスマホを長時間見続けることです。最近の仕事はパソコンなしでは成り立ちませんので、一日中パソコン作業をする日も多いでしょう。それに加えプライベートでもスマホや携帯の画面を見続けていたのでは、首や肩の筋肉が硬くなってしまい(凝ってしまい)、それが原因で頭痛が起こってしまうのです。長時間のパソコン作業などで起こる眼精疲労も、頭痛の原因となります。眼精疲労が原因の慢性頭痛の場合、目の奥が痛くなると訴える患者さまが多くいらっしゃいます。また、精神的なストレスは痛みを感じやすくしてしまいます。リラックスして休むことができれば体の疲れもとることができ、精神的ストレスも解消され、頭痛の軽減につながります。

病院へ行くのならば

慢性的な頭痛で困っている方があまりにも多いのでしょう、「頭痛外来」という診療科目を掲げ、専門的に頭痛の患者を診ている病院もあるようです。しかし、ここで説明しているような慢性頭痛に関しては、病院へ行っても対症療法的に痛み止めが処方されるだけであり、根本的な解決にはならないことがほとんどです。多くの方は病院へ行く前に、市販の鎮痛薬(ロキソニンやバファリンやイヴ錠など)を使っているようですが、頓服的には有効であっても、副作用のことなどを考えると、あまりお勧めはできません。それでも病院へ行くならば近所の内科で問題ないでしょう。鎮痛薬を処方してくれるでしょう。心配が大きくなってしまった方はそこで紹介状を書いてもらい、脳外科でMRIを受けられる方もいらっしゃいます(そして、「何も問題は見つからないけれど頭痛も消えないから何とかしてほしい」と鍼灸院にご来院されます)。
しかし、「ハンマーで殴られたような」と表現されるほどの強い頭痛は脳内での出血などが考えられるので、その場で救急車を呼んで病院へ行くくらいの早急な対処が必要です。

自分でできる治しかた

慢性的な緊張型頭痛の原因は先述のように首・肩・頭・背中の筋肉が緊張して硬くなってしまったことなので、逆にこれらの筋肉を緩ませ柔らかくすることが自分で頭痛を治すには効果的です。まずは首・肩・頭・背中のストレッチをしたり湯船に入浴したりして上半身の筋肉を緩めると良いでしょう。ラジオ体操のような感じで、特に上半身を適度に動かすことも有効です。
ストレッチの方法は簡単です。まず注意すべきことは、無理に(強い負荷をかけて)しないことです。「伸びている」感じがあればそれでオッケーなので、1つの姿勢に30秒ほどの時間をかけて、ゆっくり行いましょう。首であれば、左右・前後・斜め前などに首を倒し、重りの代わりに頭の上に手を置きます。背中であれば、肩甲骨の間を広げる感じで腕を引っ張ります。ストレッチのやり方はいろいろありますので、まずは自分の知っている方法で試してみてください。
脈拍や心拍と同じリズムでズキンズキン痛む片頭痛の場合でも、基本は同じです。加えて、痛みの誘引を避けたり食事に気を付けると良いでしょう。

なかやま鍼灸院での頭痛の治しかた

つらい症状を軽減させると同時に、もう一歩根本の原因へのアプローチができるのが鍼灸治療です。鍼灸治療は筋肉を緩める・血流を良くすることに対しては、治療直後から大きな効果を発揮します。即効性もあり、1回目の治療が終わった時に、頭痛が消えたとの喜びの声をいただくことも多くあります。また、頭部の筋肉を柔らかくすることは自分ではやりにくいので、鍼灸治療が特に有効です。
「手軽に・すぐに・楽になる」という意味では、鎮痛薬は役に立ちます。しかし、それで痛みを誤魔化すことを続けていてよいのでしょうか?対症療法でその場しのぎをするのではなく、より根本的な原因に対してのアプローチをするほうが長い目で見た場合の効率もよく、それこそが本来の意味での治療になると考えています。ストレッチや生活習慣の指導も行いながら、薬に頼らず、頭痛のない毎日を得られることを目指します。つらい頭痛にお悩みの方からのご相談を、なかやま鍼灸院はお待ちしています。

>痛む・こる・シビレる症状の患者さんの声を見る

 

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─
自律神経症状・過敏性腸症候群・突発性難聴などの治療も
はり師・きゅう師の国家資格免許証を持ち、安全・安心・信頼を大切にする
名古屋市千種区本山駅なかやま鍼灸院へ
■住所:名古屋市千種区東山通1丁目30番地8 岐阜屋ビル2階
■TEL:052-781-8989
■HP:https://nakayamashinkyuuin.com