名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 股関節痛(変形性股関節症など)症例紹介一覧(1/1)

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院カレンダー

「はじめてです」とお電話ください

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分
名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 LINE

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分

症例紹介

適応症状一覧

アクセス

アクセス

〒464-0807
名古屋市千種区東山通1丁目30番地8
岐阜屋ビル2階

Google MAP

近隣コインパーキングへの道順

適応症状一覧

股関節痛・足関節痛

  • 股関節痛(変形性股関節症など)
  • 40代
  • 女性
  • S・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

股関節痛・足関節痛

股関節痛・足関節痛以外の症状

(耳鳴り)

来院されるまでの経過

2年前、足首捻挫をした。現在も立ち上がり時に痛む。半年前、変形性股関節症と診断されて手術を勧められている。痛むのは両側の股関節と片側の足関節。走れない。股関節に関節可動域制限あり。胡坐になれない。山登りをできるようになりたい。

治療内容と症状の変化

住所が遠方のため基本的に週1回。治療のたびに痛みは軽減するが、徐々に状態が改善していく感じでもない。20回目(治療期間約3ヵ月時点)で股関節の手術することに決めたとのことで、22回で終了。その5ヵ月後に耳鳴りを治療目的として来院。眠れないからとの理由で股関節手術の入院時から睡眠薬と精神安定薬を服用し始めていた。股関節に関してはリハビリをしたが杖にて歩行になっている(手術前には杖なしで歩行していたことから、客観的に状況を判断すると悪化している)。耳鳴りの治療ということで、なるべく施術間隔を短くして治療。以降、仕事の休みの日には耳鳴りが軽減したり、ワクチンの接種で悪化したり、股関節のボルトを抜いたり、膝関節の痛みを治したり、足関節の治療をしたり、精神安定薬は服用をやめることができたり、などしながら治療を継続。ほとんどの場合、治療後に症状が軽減しても次の治療時には戻ってしまっており「良さの蓄積」ができない、をくり返していた。耳鳴りで来院されてから86回目(治療期間約1年2ヵ月)で、足首の手術で入院するからといって終了。

まとめ

股関節痛・足関節痛の治療です。年齢的に、早く受けたほうがよいと言われて(私から見れば不必要な)股関節の手術を受け、もともと杖なしで歩行していたのが杖歩行になり、状態が悪化してしまいました。当初から足首の問題もありましたが、これも行きついた先は医師に言われたように手術を受けるという決断でした。自分の経験からすらも何も学んでいない。病院(西洋医学)への依存心が症状を悪化させ続けてしまったとも言えるでしょう。現実問題として、私がこの方の股関節や足首や耳の状態を改善させられなかった理由は施術間隔が長かったことが理由の一つとして挙げられます(平均週1回の治療間隔では私はこの方の症状を改善させることができませんでした。これが私の技術の限界です。これは本人にも治療期間中に「治療間隔を短くすればもう少し治療効果が継続して症状改善の可能性が高くなる」と何度もお伝えしたうえで「仕事の都合でそれは難しい」と納得していただいています。他の治療院に通うことも提案しました)。加えて本人が仕事が多忙なことなどを理由に睡眠時間の短さなどの生活習慣の改善ができなかったことが挙げられます。その2つの問題が解決されていればもう少しは違った結果になっていたであろうことを考えると、悲しくなりますが、仕方のないことだとも思います。患者さま自身が選んだ人生です。来院当初の目標であった「山登りをしたい」を見て、泣きそうになってしまいました。問題は当院に来る来ないではありません。本気で自分の身体を良くすることに取り組まなければ、今後の改善も難しいでしょう。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

股関節痛(ソ径部痛)、腰痛

  • 股関節痛(変形性股関節症など)
  • 40代
  • 男性
  • K・Y

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

股関節痛(ソ径部痛)、腰痛

股関節痛(ソ径部痛)、腰痛以外の症状

書痙

来院されるまでの経過

10年前に腰痛を発症した。以来年に数回は痛くなってしまう。整形外科でレントゲン検査を受けた結果では、ヘルニアとのこと。今回は2~3日前から痛む。車の乗降時に股関節が気になる。

治療内容と症状の変化

週2~1回。状態が落ち着いて以降は月1回程度。来院当初の治療目的は腰痛の改善であった。初回の治療で腰痛は半減、4回目時点では8割がた改善した。ここまで治療期間約1週間。その後は股関節痛の状態の改善に目的を変更して治療を継続した。営業職で、車の乗降時に股関節が痛むとのこと。基本的には左側だが負担のかけ具合で右側が痛くなることもある。患者側の希望で、しっかり治すというよりも日常生活に問題のない範囲を保つことを目的とした。鍼治療を受けると痛みは軽減する。治療している期間は股関節痛が日常生活に問題が出るまで悪化することはなく(痛みが出ないように治療するもしくは痛くなっても治療すれば軽減していた)、腰痛もなく、状態の維持はできていた。治療回数73回治療期間約4年6ヵ月(途中1年10ヵ月間来院なしの期間あり)。最後の治療日の直近5回の治療を受ける中で3回の当日キャンセルがあったことから「予約枠の関係で他の患者に迷惑がかかるから、来院希望の当日に予約してほしい」と伝えたところ、来院がなくなった。

まとめ

股関節痛(ソ径部痛)と腰痛の治療です。股関節を治療している期間は腰痛は出なかったことからも、股関節痛と腰痛には関連が大きいことが考えられます。本人の希望で、痛みをゼロにするまで改善させることを目的とせず、あくまで日常生活に問題のない範囲を保つことを目的とした治療をしていました(治療頻度や生活上の注意点などが違ってきますからね)。長期間継続してご来院いただけていたのは、患者さまの納得できる結果を出せていたからだと思っています。書痙に関しては、治療のたびに少し楽になるけれどすぐ戻る、程度の改善しか出せませんでした。当日の予約キャンセルは他の患者さまに迷惑がかかるのでその旨をお伝えしましたが、この方のご来院を拒む意図はありません。また何かあればお気軽にご来院ください。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

股関節痛(10年以上前からの痛み)

  • 股関節痛(変形性股関節症など)
  • 50代
  • 男性
  • M・U

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

股関節痛

股関節痛以外の症状

腰痛など

来院されるまでの経過

10年くらい前、股関節がつる感じがして立ち上がれないことがあった。レントゲンで異常は見つからなかったが、以後、常に痛みや重だるさがある。特に朝は股関節が固く動かない感じがする。関節可動域に問題はないが、ひっかかる感じがある。マッサージで一時的に軽減はするが、しっかり治したくて来院した。

治療内容と症状の変化

週2回、後半は週1回。初回の治療にて股関節痛の軽減を自覚。徐々に痛みと重だるさを軽減させることができた。初回後約3ヵ月14回にて、本人転勤にて終了となった。

まとめ

10年来の股関節の不具合。良くも悪くも日常生活上で大きな問題にならなかったので、だましだまし過ごしてきたようだ。当院の治療では少なくともマッサージを受けるより大きな効果を実感していただくことができた。状態のベースアップを実感していただけた。どんな症状でも、「今」はよくても「これから」それが保たれる保証はない。少なくとも人間は誰でも年齢を重ねる中で血流量や筋力が低下し、さまざまな健康問題が増えてくる。気になる身体の症状があれば改善させるのに早いに越したことはない。誰だって今が一番若いのだから(年齢が若いほうが自己回復力が高いので、どんな症状でも改善しやすい)。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

お問い合わせ

「はじめてです」とお電話ください

ID:acl0365g

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院は
完全予約制です。ご理解ご協力をお願いします。

TOPへ戻る