名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 不眠症(睡眠障害)症例紹介一覧(1/1)

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院カレンダー

「はじめてです」とお電話ください

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分
名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 LINE

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分

症例紹介

適応症状一覧

アクセス

アクセス

〒464-0807
名古屋市千種区東山通1丁目30番地8
岐阜屋ビル2階

Google MAP

近隣コインパーキングへの道順

適応症状一覧

不眠症(早朝覚醒)・食欲不振、現在休職中

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 30代
  • 女性
  • Y・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状   

不眠症(早朝覚醒)・食欲不振

不眠症(早朝覚醒)・食欲不振以外の症状

肩こり・頭痛など

来院されるまでの経過

諸々のことで精神的ストレスが多く、4ヵ月前に心療内科を受診した際うつ病と診断され睡眠薬を服用し始めた。現在休職中。

治療内容と症状の変化

積極的な改善のためには一週間に2回の治療が望ましいと伝えたが、住居が比較的遠方なこともあり本人の希望で週1回とした。10回の治療(初回時より約2ヵ月半後)にて「よく眠れている、食欲も問題ない」という本人の感想あり。以後、2週間に1回、一月に1回と施術間隔を空けていきながら復職し睡眠薬の服用もゼロにして、「悪くない状態」を保った。後半の半年間の症状は肩こりと頭痛だった。治療開始約1年後、引っ越すとのことで終了。

まとめ

不眠症(早朝覚醒)・食欲不振の治療です。自律神経の乱れからくる、不眠や食欲不振。誰にでも起こる状態ですが、精神科や心療内科へ行けば「うつ病」と診断されてしまいます。そして処方される精神安定剤や睡眠薬などの薬を飲み始めてしまうと、副作用や依存性などの問題もいずれ出てきます。鍼灸治療の施術間隔が空いてしまうと、治療による回復よりも生活による負担が大きくなってしまうことで症状が改善しなかったり、患者自身の治療への意欲が続かなかったりすることが多いですが、結果として今回はちゃんと本人にとって問題のない範囲にまで症状を改善させることができ良かったです。何よりも、良くなりたいという患者本人の気持ちが大切なのだと改めて感じました。後半は再発予防と健康管理が治療の目的でしたが、本人の自己管理もある程度はできていたので自信にしてほしいと思います。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

うつ症状、不眠症(中途覚醒後眠れない)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 20代
  • 女性
  • S・M

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

うつ症状、不眠症(中途覚醒後眠れない)

うつ症状、不眠症(中途覚醒後眠れない)以外の症状

首・肩こりが強い

来院されるまでの経過

もともと外交的なタイプとのこと。4月の新学期から専門学校へ通えなくなった(2年生)。本人にも明確な原因の心当たりはないとのこと。うつ病と診断され精神安定薬を服用するも改善がないどころか状態は悪化しており、3週間前から不眠症(中途覚醒後眠れない)を発症したため、当院に来院した。

治療内容と症状の変化

初回治療後から徐々に睡眠の状態は改善傾向。首が柔らかくなり(物理的に)上を向きやすくなった、起きてもまた眠れるなど、4回目時点では6割ほど軽減しているとのこと。しかし、20歳を過ぎた子の治療に毎回母親が同席することから、子離れができていないことを指摘したところ気分を悪くされたのか、通院が終わった。治療回数8回治療期間約3週間。

まとめ

うつ症状、不眠症(中途覚醒後眠れない)の治療です。うつ病や不眠症(睡眠環境が整っている場合)の原因には必ず心の問題があります。今回のように、うつ症状を発症してしまった原因に本人的に明確な心当たりがない場合は、特にそうです。鍼治療はあくまで身体の治療なので、今回のような状況では不眠症を改善させることで精神的なリラックスをさせ、心の問題を解決しやすい精神状態にしていきます。しかし心の問題の解決は本人にしかできず、他人に責任転嫁して自分の心の問題から目を逸らしているうちは本質的に解決されることはありません。まずは最低限、精神安定薬を無事にやめることができていればよいのですが…。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難・早朝覚醒)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 40代
  • 男性
  • Y・Y

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難・早朝覚醒)

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難・早朝覚醒)以外の症状

潰瘍性大腸炎で漢方薬を服薬中

来院されるまでの経過

プライベートで大きくストレスがあり、1ヵ月前から朝早く目が覚めてしまう。仕事でのストレスも重なり、不眠状態が悪化して実感的には「まったく眠れない」。首肩こりの自覚なし。

治療内容と症状の変化

初回の治療で少しだが症状の改善を実感できた。2回の治療で寝つきが良くなり7時間くらい眠れるようになった。ここまで治療期間2日。3回目以降も徐々に不眠症状は軽減・改善し、基本的に大きな波はなくその状態を保つことができた。質の良い睡眠を7時間とれるようになり、それが2週間継続しているとのことで本人希望にて終了。治療回数8回治療期間約1ヵ月1週間。

まとめ

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難・早朝覚醒)の治療です。潰瘍性大腸炎もあり肝臓に負担のかかる漢方を服用しており注意する必要があることをお伝えしましたが、そちらに関して治療するつもりはないとのことでした。ですので、治療の目的は睡眠状態の改善だけとしています(実際は睡眠状態が良く鳴れば潰瘍性大腸炎にも良い影響を与えます)。プライベートでの精神的なストレスや仕事でのストレスはどちらも状況は変わっていませんでしたが、鍼治療によって睡眠の状態を大幅に改善させることができました。何よりもまず今回の症例で良かったのは、鍼治療開始が睡眠の状態が悪くなってから比較的早期であったことと、(1週間まったく寝た気がしないというのもかなりつらい状態だったとは思うのですが)心療内科などの病院に行って精神安定剤や睡眠薬の服用をしなかったことです。基本的に何でも発症してから早期のほうが鍼治療の効果は高いですし、精神安定剤や睡眠薬を服用してしまうと、不眠症の治療のゴールが遠ざかるからです(不眠症のゴールは、薬なしで良い睡眠を継続的にとれるようになることだと考えています)。誰にでも睡眠状態の波はありますが、大崩れしないことを目標に、良い状態を維持していただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒、1年前から)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 30代
  • 男性
  • T・M

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(中途覚醒)

不眠症(中途覚醒)以外の症状

かみしめ

来院されるまでの経過

約1年前、多忙にて不眠症(入眠困難)と睡眠中のかみしめを発症した。先月に転職して忙しさが軽減したことで入眠困難は消失したが代わりに中途覚醒が始まった。とは言えそれも週に3日ほどで、週末はよく眠れている。現在でも起床時に顎の疲労感があるので睡眠中のかみしめも残っているとのこと。首肩こりの自覚はないが、肩甲間部にこりを感じる。

治療内容と症状の変化

週2回。4回目に症状の改善を実感。7回目の治療時点で「よく眠れている」とのこと。本人希望にて終了。治療回数7回、治療期間約1ヵ月

まとめ

不眠症(中途覚醒)の治療です。1年程前から症状を変化させて続いていた不眠症ですが、少ない治療回数でじゅうぶんな効果を出せました。週末に症状が軽減していることから考えても、不眠の環境的原因は仕事にあると考えられます。鍼治療で身体の状態を改善させても生活環境がそのままではいつか再発してしまいます。患者さま自身も来院当初は健康増進も希望されていました。本来は生活環境を見直し、不眠以外の症状を改善させていくことが健康増進になりますが、今つらい、気になる症状が消失したからと言ってすぐに通院を終えていては健康増進の治療はできません。再発しないように過ごされていることを願います。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(早朝覚醒)、病院にて不妊治療中

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 30代
  • 女性
  • C・U

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(早朝覚醒)

不眠症(早朝覚醒)以外の症状

不妊治療中

来院されるまでの経過

1ヵ月前から早朝覚醒あり。二度寝ができない。朝まで眠ることができても、スッキリ起きることができない。1週間前から、朝の通勤時に立っていられなくなった。血液検査の問題なし。心療内科を勧められたが抵抗感があり、当院に来院。

治療内容と症状の変化

初回治療当日はよく眠れたとのこと。初回から1週間後の3回目時には2~3日はよく眠れるようになった。約1ヵ月半後7回の治療にて、通勤時の症状もなくなったとのことで、本人希望にて終了。

まとめ

不眠症(早朝覚醒)の治療。不妊症に関しては患者さまの希望にて、ノータッチ。不眠の経過が短かったことと精神安定剤などを服用していなかったこともあり、数回の治療にて不眠症状の改善を実感していただくことができた。ある程度までは状態を改善させてそれを保つことができたが、生活習慣の改善や考え方の見直しがしっかりできたかといえば疑問が残る。問題なく毎日を過ごしていることを願う。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・自律神経症状(動悸など)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 50代
  • 女性
  • S・U

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状■       

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・自律神経症状(動悸など)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・自律神経症状(動悸など)以外の症状

膀胱炎

来院されるまでの経過

1ヵ月前から徐々に不眠傾向。睡眠中に起きてしまうと朝まで眠れない。同時に下痢が多くなった(ストレスによるものだと自覚)。それとは別に以前から「膀胱炎の治療にて精神安定剤を」服用中。

治療内容と症状の変化

治療開始時は週に3回の来院。4回目時点で睡眠の改善を実感。膀胱炎も楽になっており(医師と相談して)精神安定剤を減らしたとのこと。治療当日は動悸の軽減を実感している。16回目時には「とてもよく眠れている」との実感あり。膀胱炎も気にならなくなっている。その後、家庭での精神的ストレスが増えたことや仕事に復帰したことなどで不眠症状が悪化することがあったが、当院での施術やセルフケアにて日常生活を送るうえでは問題のない範囲を保つ。治療開始約半年にて、本人希望により終了。

まとめ

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・自律神経症状(動悸など)の治療です。生活に問題のない範囲にまで症状を軽減させることはできましたが、治療期間内での精神安定剤の断薬はできませんでした。これは、薬に対しての当院の考え方に納得してもらえず本人自身に断薬するつもりがなかったことが大きな理由です。当院での治療で断薬を目指すこともできますが、患者さま本人がそれを望まなければ、それはそれで構わないと考えます。断薬は決して楽なことではないから今の生活を守ることを優先する気持ちも理解できますし、健康に対する価値観は自分と違っていてもそれを否定するべきではないからです。なかやま鍼灸院は、健康を目指す患者さまそれぞれの期待に応えることを信条としています。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(中途覚醒)、めまい(ふわふわ)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 40代
  • 女性
  • K・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(中途覚醒)

不眠症(中途覚醒)、めまい(ふわふわ)以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

高校生時代から眠りが浅いと自覚していた。約9ヵ月前から精神的ストレスが大きく、8ヵ月前から時々めまい(ふわふわする)がある。このころから眠りの状態が悪化し始める。1ヵ月前から心療内科にかかり睡眠薬を服用し始めた。10年以上前に突発性難聴を3回発症し、現在も聴力は低下したままだが気にならない程度。

治療内容と症状の変化

初回の治療後、不眠症状の軽減・改善を実感することができた。3回目の施術時には「よく眠れている」とのこと。以降週に1回くらいの施術間隔で現状維持を目的とした治療を継続。施術期間中は、めまいが強く出ることはなかった。約3ヵ月間17回にて終了。良い眠りの状態を保つことはできていたが薬を減らすことはできずに終了した。

まとめ

不眠の経過が数ヵ月、睡眠薬を服用しており、もともとの体質が不眠傾向の場合でも、ちゃんと改善した症例です。私は、不眠症の改善のゴールは薬を服用せずによく眠れていることだと考えているので、残念に思っている部分もあります。しかし、どの段階までの改善を目指すのかは患者さまによって異なるし、それを決めるのはあくまで患者さまだとも思っています。また何かお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(中途覚醒)、子育て中

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 30代
  • 女性
  • M・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(中途覚醒)

不眠症(中途覚醒)以外の症状

腰痛

来院されるまでの経過

半年前に出産した。子供は寝ていても自分だけ目が覚める。その後なかなか眠れない。それが1ヵ月ほど続いており、つらい。昔から仕事が忙しい時などは不眠傾向だった。

治療内容と症状の変化

週1回。3回目時には改善を実感。4回目時には、起きてしまうがまたすぐ眠れるようになった。7回目時点で中途覚醒は消失し、睡眠には問題がなくなった。治療期間約1ヵ月半、治療回数7回。

まとめ

乳幼児を育てていると、長時間の継続した睡眠をとることが難しくなってしまいます。だからこそ、短い時間でも休めるときにちゃんと休んでおきたいものです。一度起きてしまうと、眠りたいのに眠れない、つらいですよね。それが続いてしまうと心身ともに疲れが取れず、精神的にもイライラしやすくなってしまいます。この患者さまは、なかなか治療へ来る時間の確保も難しかったようですが、順調に睡眠の状態を改善させることができました。この場合の不眠の原因は子育てだったでしょうから、現在は不眠なく過ごされていると思います。また何かあればお気軽にご相談ください。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(熟眠困難・早朝覚醒、5年前から)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 40代
  • 女性
  • C・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(熟眠困難・早朝覚醒)

不眠症(熟眠困難・早朝覚醒)以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

5年前から不眠症で、精神安定剤と睡眠導入剤を服用している。原因は思い当たらない。2ヵ月前から親族への対応でストレスが増え安定剤も増えている。

治療内容と症状の変化

週2回。3回目時点で「よく眠れている」との感想あり。それを1週間保ち、医師に相談の上で徐々に減薬・断薬を進めていく途中で、本人希望にて終了。治療期間約2週間治療回数6回。

まとめ

不眠症の治療。喉元過ぎればなんとやら、差し当たりの問題を解決することが目的であったのであろう。減薬や断薬へのステップに進むことなく終了となった。鍼治療ならば、マイナスからゼロへの回復だけでなくゼロからプラスへの進歩をすることができるのだが、どの段階までの改善を望むかは患者さまが決めることだ。私は、期待に応えるという責任は果たしていると自覚している。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(中途覚醒・熟眠困難)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 20代
  • 女性
  • Y・A

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状      

不眠症(中途覚醒・熟眠困難)

不眠症(中途覚醒・熟眠困難)以外の症状

冷え性・肩こり

来院されるまでの経過

約1年前から不眠傾向。じゅうぶんな睡眠時間を確保しても次の日眠くなってしまう。中途覚醒3回。不眠傾向と同時期より手の冷えを感じる。

治療内容と症状の変化

1週間に1回の治療。3回目の治療時には症状の軽減を自覚。治療開始約1ヵ月後の5回目の治療時には中途覚醒は1週間でゼロ回。次の日に眠い感じはまだ時々あるとのこと。6回目の予約時に来院せず。

まとめ

不眠症の熟眠困難の症状。症状の経過は長かったが実際眠れているので、改善は早かった。状態にはまだ不安な部分があるので、良い状態を維持してくれていることを願う。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒、4ヵ月前から)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 50代
  • 女性
  • A・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(入眠困難・中途覚醒)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)以外の症状

首肩こり・頭痛

来院されるまでの経過

約4ヵ月前から、胸に感じる違和感が原因で寝つきが悪くなっている。夜中に2回起きる。2ヵ月前に悪化。2週間前から心療内科にて精神安定剤と睡眠薬を処方されている。20年間ピルを服用している。

治療内容と症状の変化

週2回。初回治療から5日後の3回目時点で、寝つきが良くなっているとの自覚あり。7回目時点で、入眠に関しては問題なし。中途覚醒の改善と断薬という課題が残っていたが、約3週間8回の治療にて、本人希望にて終了。

まとめ

広い視野をもって先入観なく考えること。敢えて強い言葉を使うが、科学・西洋医学・医者に洗脳されていると自分が受けて症状が改善したという結果があっても、鍼治療の効果を信じることができない。どれだけ精神安定剤が怖いものだと言っても、本人には伝わらない。自分で調べようともしない。人間は、自分の信じるものしか見えない。

睡眠は健康の土台となるものだからとても大切だ。不眠症の傾向があるならば、問題を改善し、長期的に良い睡眠をとれる状態を維持する必要がある。薬の服用ではそれができない。そして薬では治らないということを理解していただけなければ、当院での治療は一時的な症状改善だけで終わってしまうだろう。多くの人は、安易で安価で労力のかからない服薬を受け入れてしまうからだ。それでは駄目だと心から思った人だけが、高価で努力が要る、病院以外での治療を模索する。当院は、そういう人の期待に応えたいと思っている。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 30代
  • 女性
  • A・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(入眠困難)

不眠症(入眠困難)以外の症状

気分の落ち込み、記憶力の低下、など

来院されるまでの経過

10年前、仕事上のストレスで動悸を発症。心療内科にて精神安定剤を処方され、以来服用中。

治療内容と症状の変化

週2回。治療開始10日後3回目の施術時には症状の改善を実感。20日後の7回目時には、精神安定剤の効果が強くなっていると実感。これは、不眠症的にもとの状態がよくなっていることから、同じ薬の同じ量を服用しても効き目が強くなっているから。約1ヵ月後の10回目で薬をゼロにした。以後も睡眠的に問題のない状態を保ちながら施術間隔を空け、治療開始後約2ヵ月18回で終了となった。

まとめ

患者さま自身の判断で2回目の施術時に薬の服用を中止していたが、再び飲み始めてもらった。薬はあくまでも医師の管理下で減らさなければならず、そこに鍼灸師である私は介入できない。鍼灸治療にて症状(この場合は不眠症の入眠困難)が改善するに応じて、患者さま自身が医師に減薬してもらえるよう相談しなければならない。もともと服用量が多くなかったので、ワンステップの減薬で断薬になったことが、早期の終了につながった。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 40代
  • 男性
  • H・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(入眠困難・中途覚醒)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)以外の症状

腰痛・便秘など

来院されるまでの経過

仕事上で精神的ストレスが大きく、半年前から不眠傾向。寝つきが悪く、寝付いても夜中に2~3回目を覚ましてしまう。心療内科にて抗うつ剤や睡眠剤を処方され服用しているが、前述の症状あり。薬を増やしたくないと思い来院。

治療内容と症状の変化

週2回の治療をお願いしたが仕事が忙しく、5日に1回程度の施術間隔。4回目時点で「眠りやすくなっている」と睡眠状態の改善を実感。初回より約1ヵ月後8回目時点で、眠れているので薬は飲んでいないとのこと(医師と相談してやめた)。職場が変わり精神的負担が減ったこともあるとのこと。以後、睡眠状態には波があるものの、仕事を含む日常生活には問題のない範囲を保てていた。約4ヵ月後25回目の治療をもって、本人希望にて終了とした。

■まとめ■

25回目の施術時に本人的に睡眠は良いとのことだったので終了とした。しかしながら、仕事でのストレスがゼロになっているわけではない。不眠症の治療に関しては、何かのきっかけで不眠が再発しないように、施術間隔を空けながらセルフケアにてしっかり自己管理ができるようにすることが大切だと思っている。薬をしっかりやめることができる精神力をお持ちなのでセルフケアで良い状態を保っていてくれればよいのだが、お仕事が忙しそうだったので多少心配が残っている。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・逆流性食道炎

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 50代
  • 女性
  • Y・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・逆流性食道炎

不眠症(入眠困難・中途覚醒)・逆流性食道炎以外の症状

不安感

来院されるまでの経過

1年前から逆流性食道炎(胃の不快感で口内が苦い)と不眠症(中途覚醒)を発症。薬は飲んでいない。2ヵ月前からそれに加え中途覚醒。

治療内容と症状の変化

週2回。初回治療後よく眠れたとのこと。胃の症状も軽減したとのこと。5回目時点で眠りに関して問題なしとのこと。経過が長く原因が解決されていない不眠症状に関しては一時的に改善しても次はその良い状態を保つことが大切なので施術間隔は空けないようにお願いしたのだが、聞いてもらえず。その1週間後に再び不眠になったとのことで来院されたのが最後。

まとめ

治療に対する考え方が私と合いませんでした。治療に対する考え方が合わないとお互いに嫌な思いをするだけなので、申し訳ありませんが、次からは他の治療院へ行っていただけるようお願いします。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難)

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 80代
  • 男性
  • A・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状      

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難)

不眠症(入眠困難・中途覚醒・熟眠困難)の症状

糖尿傾向。

来院されるまでの経過

精神的ストレスがあり2年前から不眠傾向。1年半前から精神安定剤・睡眠薬を服用中。

治療内容と症状の変化

3回目の施術をキャンセル。症状の改善はしていない。

まとめ

私は、不眠症の治療の場合、治療開始の時期には1週間に2回以上の来院をお願いしています。その施術間隔が早期の改善には必要だと考えるからです(それより間隔が空いてしまうと改善は難しいかもしれない、とお伝えしています)。困っているからなんとかして良くしてほしいと私に頼みながら、こちらの伝える治療頻度では来院できないという方ももちろんいます。私はそれを「本気度が足りない」と判断します。時間・費用などと改善の可能性、その両者を天秤にかけて必要なほうを選択するだけのことだからです。しかも、他の治療院ではこうしてもらった(から当院でも同じようにしてほしい)などと言う。この人の症状は当院の治療で改善させることのできるものでしたが、このような考え方をされていたのでは当院での改善は望めません。ご自分の提示する条件の中で症状を改善してくれる治療院が見つかると良いですね。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

不眠症、治療以前の問題

  • 不眠症(睡眠障害)
  • 80代
  • 女性
  • Y・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

不眠症

その他の症状

特になし

来院されるまでの経過

1年以上前から不眠傾向。

治療内容と症状の変化

初回のみ

まとめ

私は全てを結果から判断します。もし今のあなたに自分が納得できないことがあるのならば、そうなってしまった原因がご自身の中に必ずあります。

私と考え方が合わなかったのでしょう。初回のカウンセリングの途中に「患者と治療者は対等の立場だけれど、あなたには謙虚さが足りない」と伝えたらお金も払わずに帰ろうとしました。この場合、謙虚さとは自分の過ちを認めて今後の自分を変えようとする気持ちのことです。病院では治らないから薬とは違う改善方法を求めて鍼灸院に来たのに、私を試すようなことばかり言って自分の考え方を変えようとしない。

つらい症状で苦しんでいる現状の自分を部分的にでも否定できずに変えようとしない人は、苦しんでいるその症状を改善させることはできません。まずは今の自分を部分的に否定することが第一歩です。今の自分を全肯定していたら、つらい症状で苦しんでいることも含めて肯定しなければいけなくなるからです。

かかりつけが日本赤十字病院だとかアメリカ帰りだとかいろいろ努力しているとか語っていましたが、私からしたら、だから何?です。現実として今あなたは心身の不調で困っている。それならばその結果から省みて、健康に対しての努力が足りません。

年齢を重ねても心身共に柔らかく保ちたいものです。他でもなくあなたの心が原因で現状があると自覚し、そこから回復への道を探すことが良い結果に繋がると私は考えます。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

お問い合わせ

「はじめてです」とお電話ください

ID:acl0365g

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院は
完全予約制です。ご理解ご協力をお願いします。

TOPへ戻る