名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)症例紹介一覧(1/2)

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院カレンダー

「はじめてです」とお電話ください

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分
名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院 LINE

完全予約制 地下鉄本山駅徒歩2分

症例紹介

適応症状一覧

アクセス

アクセス

〒464-0807
名古屋市千種区東山通1丁目30番地8
岐阜屋ビル2階

Google MAP

近隣コインパーキングへの道順

適応症状一覧

音の響き感(聴覚補充現象:リクルートメント現象=聴覚過敏症)・耳閉感・耳の奥の痛み・耳鳴り(以上、左右とも)、めまい、5ヵ月前から

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 女性
  • K・Y

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

音の響き感・耳閉感・耳の奥の痛み・耳鳴り(以上、左右とも)、めまい

音の響き感・耳閉感・耳の奥の痛み・耳鳴り(以上、左右とも)、めまい以外の症状

不眠症(中途覚醒3回、耳の痛みで入眠困難)・顎関節症でマウスピースを使用中

来院されるまでの経過

3年前に、片耳に音の響き感と耳閉感を発症したが耳鼻科の薬にて消失した。1年前に、3年前とは反対側に同症状を発症、同じく薬にて消失。5ヵ月前、音の響き感・耳閉感・耳の奥の痛み・耳鳴り(以上、左右とも)、めまいを発症した。薬で改善せず。高音や機械音の響きが一番つらい。耳栓は耳閉感が悪化するので使えない。めまいのため車の運転ができない。入浴など、血流が増すと悪化する自覚がある。

治療内容と症状の変化

週2回。3回目時点で響き感の軽減を実感している。中途覚醒も軽減している。8回目時点で不眠症は消失(中途覚醒ゼロ)しており、眠れると耳の調子も良いとのこと。ここまでの治療期間は約3週間。以降も症状は徐々に軽減するも(「だいぶ良くなっている」との感想あり)、仕事の忙しさに応じて症状が緩解増悪する状態が続く。休職を検討しているとのことだったが、30回目の予約を当日にキャンセルされ終了。治療期間約3ヵ月。

まとめ

音の響き感・耳閉感・耳の奥の痛み・耳鳴り(以上、左右とも)、めまいの治療です。左右の耳で同時に同じ症状が発症しており、どちらの側がよりつらいかは、右だったり左だったり、その時によって変化していました(最終的には右側のほうが明らかに気になる状態が多いとも変化しました)。本人的には、音の響き感(聴覚補充現象:リクルートメント現象=聴覚過敏症)が一番つらいとのこと。左右同時の発症と音の響きが一番つらく感じることに関しては、私の臨床経験の中でも比較的少ない症例だと言えます。発症してから5ヵ月の耳の症状を、多忙の中でも「だいぶ良くなっている」との感想がある程度にまで改善させることができたのでじゅうぶんな効果は出せたと思います。治療を継続することができればさらなる改善もまだ期待できました。治療には熱心でしたが仕事が忙しいようで、当日のキャンセル回数も多かったです(3回に1回くらい)。最終的には、睡眠は安定し、耳栓使用が可能になり(響き感の軽減につながる)、ゆっくり入浴できるようにもなりました。響き感は軽減していましたがまだつらいレベルで残っており、時々めまいも出ていました。以前から耳の症状を何度もくり返していたので、今回の症状が落ち着いても再発予防に努めていただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り(ボー、1週間前から)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 60代
  • 女性
  • S・Y

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り(ボー、1週間前から)

耳鳴り(ボー、1週間前から)以外の症状

反対側にも耳鳴り(キーン)があるが、音が小さく昔からなので気にならないとのことで今回の治療対象外とした。

来院されるまでの経過

約1週間前に耳鳴りを発症した。連休に入って気が抜けたから?起床直後と就寝前に耳鳴りが気になる。耳鼻科の薬(ステロイドなし)を服用して耳鳴りが近くから遠くなった(軽減した)。夜間尿1~2回。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くして治療。3回目時点で就寝前の耳鳴りは消失して起床時の耳鳴りも軽減した。また、睡眠の質がよくなっており、よく眠れているとのこと。8回目時点で耳鳴りゼロが3日間続いた。これにより(耳鳴りがゼロになったことに安心できて)気持ちも楽になったとのこと。10回目時点でも耳鳴りゼロを継続できていたので治療間隔を空けていくことにする。ここまで治療期間約1ヵ月。以降も基本的には耳鳴りゼロを継続(1回耳鳴りを感じたが1日で消失)、睡眠の質が向上したり顎関節症の治療も加えたりしながら、良い状態を1ヵ月間ほど保てたことにより終了。治療回数19回、治療期間約3ヵ月。

まとめ

耳鳴り(ボー、1週間前から)の治療です。耳鳴りをゼロにすることができ、睡眠の質という本人があまり気にしていなかった健康において重要な点(耳鳴りの再発を予防するための1つのポイント)も改善させることができました。患者さまの気持ちと謙虚さと治療開始時期が早かったことが功を奏したと考えます。お仕事も続けながら、再発予防に努めていただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

聴力低下(1年前発症、半年前に悪化)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 女性
  • T・Y

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

聴力低下(1年前発症、半年前に悪化)

聴力低下(1年前発症、半年前に悪化)以外の症状

耳鳴り(気にならない)

来院されるまでの経過

15年前、突発性難聴を発症した。小さく耳鳴りが残った。1年前、聴力低下とめまいを発症した。半年前、さらに聴力が低下した。現在、40~50db程度。仕事が忙しい。不眠傾向(睡眠時間が短い)。雨天だと耳鳴りが大きくなる。

治療内容と症状の変化

週2回。3回目時点で「聞きやすくなっている」とのことで、聴力の回復を実感できている。6回目時点でも「徐々に聞こえやすくなっている」との感想あり。耳鳴りの雨天時の悪化も軽減している(耳の症状が全体的に改善している)。8回目には「つまりが抜ける感じ」で、聞こえやすくなったとのこと。11回目の予約を当日にキャンセルされ終了。治療回数10回、治療期間約1ヵ月。

まとめ

聴力低下(1年前発症、半年前に悪化)の治療です。耳鳴りは15年前発症ですがあまり気にならないことでした。約1年の経過期間のある聴力低下でしたが(耳の症状は発症してから期間が長いと改善する可能性が低くなると私は考えています)、数回の治療で聴力の回復を実感していただけました。さらに治療を重ねる中で徐々に聴力低下を回復させることができ、耳全体の調子が良くなったことから15年前から続く耳鳴りも軽減させることができました。耳鼻科にて聴力検査を受けておらず聴力回復はあくまで患者さま本人の感じ方ですが、臨床家としてはそれで構わないと思っています。治療を終わられた理由は不明ですが、治療を継続できればさらなる改善も望めたと考えます。日常生活の中で耳の状態を悪化させてしまう要因(睡眠不足や運動不足など)が多々あったので、それらの改善をすることで再発予防に努めていただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り(3年前から)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 男性
  • H・M

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り(3年前から)

耳鳴り(3年前から)以外の症状

口臭

来院されるまでの経過

3年前に耳鳴りを発症した(症状の強さを10とする)。耳鼻科にて薬を処方されるも改善せず。他の鍼灸院にて治療を受けて軽減した(6~0が日替わりする)。10日前から徐々に悪化している(9くらい)。睡眠不足や首肩のこりや雨天にて耳鳴りが悪化すると自覚している。

治療内容と症状の変化

週2回。2回の治療で耳鳴りは軽減した(3くらい)。朝につらい、とのこと。雨天で耳鳴りはやはり悪化するが、悪化の程度も軽くなっている。7回目の治療時には「良い(0:ゼロくらい)」との感想。仕事は常に忙しい(常に耳鳴りの悪化要因がある)ので、鍼治療を受ければよくなる、という救いがほしいとのこと。以降も予防的にも含めて治療を継続した。時々耳鳴りが起きるも2日連続することなく全てその日だけで済んでいる。治療回数52回、治療期間約7ヵ月にて終了。最後の1ヵ月は耳鳴りを発症する機会が増えていた。

まとめ

3年前から続いており10日前に悪化した耳鳴りの治療です。結果を先に言えば、じゅうぶんな効果を出せたと思っています。どのような症状であっても、常に負担がかかり続ける場合はその負担を減らさない限り根本的な解決はあり得ません。常に再発の危険と隣り合わせです。加えて耳の症状で経過が長ければ長いほど、症状の改善は難しくなります。今回も治療開始当初の目標は、最近悪化した分を改善させること、としました。耳鳴りがほぼゼロで問題のない状態を保つことのできていた期間が数ヵ月続きました。日常生活上の精神的ストレスや肉体的な疲労といった問題を減らすことができていたら更なる改善も望めたかもしれません。良い状態を保てていることを願います。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(左右耳鳴り)、不眠症(中途覚醒)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 男性
  • Y・M

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(左右耳鳴り)、不眠症(中途覚醒)

突発性難聴(左右耳鳴り)、不眠症(中途覚醒)以外の症状

パニック障害

来院されるまでの経過

3ヵ月前、左右同時に耳鳴りを発症。耳鼻科病院、鍼灸院、整体などで治療を受けるも、徐々に悪化している。発症当初はセミの声だったが、現在はジェット機並みの音量。症状の強さは日によりけりで、耳鳴りがゼロの瞬間もある。夜に2~3回起きてしまう。パニック障害があり、大勢の人がいる場所や長時間の治療は苦手。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を詰めて治療。初回の治療で、夜に起きる回数が1回に減り、2回目の治療で、夜中に起きなくなった(不眠症:中途覚醒が消失した)。6回目時点で耳鳴りの大きさが軽減しており、セミの声程度にまで戻った。ここまで治療期間約1週間。その後も、耳鳴り・不眠症ともに症状に波がありながらも、概ね徐々に軽減傾向。悪い時でもMAXの悪さの程度は軽減している。「よい」と思える日が日に日に増えてきた。精神的ストレスが耳鳴りに悪影響だと自覚できたりした。終了前の1ヵ月間は、時々悪い日があるくらいにまで改善した。治療回数205回、治療期間約10ヵ月にて終了。

まとめ

突発性難聴(左右の耳鳴り)の治療です。不眠症(中途覚醒)やパニック障害などもあることから、耳鳴りを改善させるために自律神経の働きを整えることを重視しました。治療を重ねる中で患者さま自身に(良い意味で)精神的な緊張が悪化原因だという自覚ができました。これにより、自分で積極的に症状の緩和を図ることができるようになりました。優しい性格で仕事のストレスを抱えやすいなど心配性な傾向もありましたが、結果的に当院(や他の治療院)への通院がなくなっても良い状態を保つことができていれば、それでよいと思います。また何かあればお気軽にご相談ください。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り(半年前から徐々に悪化)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 男性
  • Y・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り

耳鳴り以外の症状

不眠傾向(早朝覚醒)

来院されるまでの経過

約半年前に耳鳴りを発症。当初は週に1回程度だったが徐々に悪化して毎日感じるようになってしまった。耳鼻科にて薬を服用するも改善せず。耳鳴りが気になって二度寝ができない。

治療内容と症状の変化

8回目にて、楽な日があると実感。14回目時点で来院当初に戻った。18回目時点で症状ゼロの日もあり、改善を実感。反対側の耳にも耳鳴りが発症したり、良い悪いの症状の波がありながらをくり返す。39回目時点で、週に1・2日は耳鳴りゼロの日がある。治療開始約4ヵ月後、42回で終了。

まとめ

耳鳴りの治療です。治療期間中はずっと仕事が忙しく、じゅうぶんな睡眠時間をとることができなかったことが、イマイチ症状が改善しきらなかった大きな原因だと考えられます。良かったり悪かったりをくり返し、良さを積み重ねることができませんでした。鍼治療(私の治療)は万全ではありません。「特に体の中の症状は、どれだけ良い治療をしてもしっかり休んでくれなければ効果が出にくい」と伝えています。忙しいのが仕方ないならば治りきらないのも仕方ないのです。しかしながら、その仕事が忙しい中で少しでも症状を軽減させることにも意味があると考えています。悪いなりに、少しでも良くすることにも意味はあります。もっと実力を高めなければ、と、反省になった症例です。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳閉感(再発をくり返している)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 20代
  • 男性
  • Y・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳閉感

耳閉感以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

5年前発症。以後数回再発をくり返し、そのたび薬の服用にて改善していた。3週間前に再発し、ステロイドを服用するも耳閉感が残っている。

治療内容と症状の変化

週2回。初回の治療にて耳閉感の強さが10→2に軽減。5回目時には耳閉感ゼロが2日間あった。9回目時には耳閉感は消失し、耳周りと後頭部に違和感が残るのみ。10回目時にはそれも消えている。良い状態を保ちながら徐々に施術間隔を空けていき、治療開始約1ヵ月半14回にて終了。

まとめ

耳閉感の治療です。何度も再発をくり返し、その度にステロイドを服用することで消失していた耳閉感ですが、今回はいつもと同じようには消失しませんでした。しかし鍼治療が著効し、再び耳閉感ゼロを継続するにまで改善・回復しました。薬の服用にて安易に治ってしまうと、原因となる生活習慣を改善させることにまで考えが至りません。「のど元過ぎれば熱さを忘れる」との言葉あるように、人間は誰でも過ぎた痛みを良くも悪くも忘れてしまいます。つまり、耳症状が発症してしまった原因となる生活習慣を変えることができなければ、数ヵ月もしくは数年単位で再発してしまうこともあるのです。当院では、症状の改善を目標としてその原因となってしまったものが何かを考え、早期改善と再発予防に役立てます。治して終わり、ではないのです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(耳鳴り・音の響き・聴力低下)、妊娠疑い

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 20代
  • 女性
  • R・U

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(耳鳴り・音の響き・聴力低下)

突発性難聴(耳鳴り・音の響き・聴力低下)以外の症状

妊娠疑い

来院されるまでの経過

昨日発症。以前も同症状を反対側に発症したがステロイドにて消失。今回は耳鼻科にて、妊娠が疑われるのでステロイドは使えないと言われ当院に来院した。

治療内容と症状の変化

2回目の治療日に「治ったのでキャンセルしたい」との電話があった。詳細は不明。

まとめ

突発性難聴(耳鳴り・音の響き・聴力低下)の治療です。本当に治ったのかは不明。ていのよいキャンセルだとも考えられるが、本人がそう言うのであれば、少なくとも苦情を言われることよりはよい(本当のことを話してもらうことができなかった私に非があるのだろう)。もとから耳の症状は本人にしか自覚できない部分が多いのだ。本当に1回治療で耳の症状が完全に改善したのであれば、嬉しく思う。発症から当院での治療までの日数が短かったことが一番の要因であろう。ちなみに鍼治療は、妊娠中に受けていただいても何の問題もない。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳閉感・聴力低下(自覚なし)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 女性
  • C・M

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状■

耳閉感

耳閉感以外の症状

聴力低下(自覚なし)

来院されるまでの経過

10年前耳閉感と自声強調を発症。薬の服用にて改善。2年前、耳閉感再発。薬を服用するも改善なく、現在に至る。先月の健康診断で聴力が低下していることを知る。雨天・疲労・精神的ストレスにて悪化する。睡眠時間短い、中途覚醒1回。

治療内容と症状の変化

週2回。初回の治療にて耳閉感の軽減を自覚。軽くなったから反対側の耳閉感を自覚した、とのこと。3回目の治療時点にて耳閉感ゼロにまで改善。前々回自覚した反対側の耳閉感もゼロ。4回目の治療時に、基本的には耳閉感ゼロを維持できており、「雨とストレスで悪化するけれど、この状態を保てられれば良い」とのこと。5回目の予約を「旅行に行くのでキャンセルしたい」との連絡があり、以後来院なし。約3週間5回の治療で終了。

まとめ

耳閉感の治療です。年単位で続いていた耳閉感がたったの3回の施術でゼロになりました。これは症例数としてはあまり多くないケースですが、それでも他の患者さまの大きな希望になります。しかしながら、「(急用ではなく)旅行の予定を入れたから」という理由で予約をキャンセルされては、お同じ日時に予約を希望されてお断りした他の患者さまの迷惑になります。治療に対する真剣さの度合いが当院とこの患者さまで違っていたようです。耳鳴りが再発された場合には、治療に対する姿勢を改めるか、もしくは当院以外の治療院へ行っていただけるようお願いします。再発に気をつけてお過ごしください。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(耳閉感:左右とも。2週間前に再発)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 女性
  • M・A

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(耳閉感)

突発性難聴(耳閉感)以外の症状

頭痛、肩こり、PMS

来院されるまでの経過

数年前に風邪をひいたことがきっかけで耳閉感、耳鳴り、聴力低下を発症。これらは当時の住所の近所の鍼灸院にて症状ゼロにまで改善した。約1ヵ月前に名古屋市内に転居して来た。2週間ほど前から耳閉感を発症。夜に悪い。耳閉感が悪化すると鼓膜の奥が痛くなる。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くするように伝えたが、週1回の治療。3回目時にはあと少しの耳閉感が残るのみ。6回目には時々気になる程度。治療開始から約2ヵ月後、7回で終了。その約1年後に再発。今回は徐々に悪化している実感が本人にあり、危機感を覚え間隔を短くして来院。途中で不眠や耳鳴りやめまいなどがあったが結果的に1ヵ月後の9回目には症状ゼロにまで回復。約1ヵ月半で12回の治療で予防の治療を加え終了。

まとめ

くり返している、突発性難聴(耳閉感)の治療。耳の症状は、毎回同じように治る保証のないのが治療者としてはつらいところ。加齢も関係していれば納得する部分もある。「いつもは病院の薬で治るのに今回は治らなくて…」と来院される患者さまも多い。だからこそ当院では自己管理で再発を防ぐためのセルフケアをお伝えしている。再発してしまったのならばまた来てくれればよいが、できるだけそうならないように再発予防に努めてほしい。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳閉感(突発性難聴疑い、3回目の発症)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 30代
  • 女性
  • A・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳閉感

耳閉感以外の症状

低音の響き感

来院されるまでの経過

同側に今回が3回目の発症。約3週間前、起床時に発症を自覚した。耳鼻科を受診しステロイド服薬にて少し軽減。雨天にて悪化する。聴力低下に関しては(片側だけでもあり)もともと聴こえていないので気にしていない。ストレス蓄積の自覚はない。趣味はピアノ。

治療内容と症状の変化

発症タイミングが明確なため突発性難聴を疑い、なるべく施術間隔を詰めて来院するように伝えた(発症してから早期のほうが改善の確率が高いため)。初回の治療にて耳閉感の軽減を自覚。雨天などもあり症状に波がありながらも9回目時点で「晴れていれば、耳閉感・響き感とも気にならない」との感想。治療開始約2ヵ月14回目時点で「2回雨が降っても耳閉感の悪化はなかった」とのこと。その1ヵ月後に来院。再び耳閉感を発症とのこと。それ以後の来院なし。

まとめ

再発をくり返している耳閉感の治療です。器質的な問題は見つからなかったようなので、西洋医学的な診断名はいわゆる突発性難聴になると考えられますが、この際、診断名が何かに大きな意味はありません(突発性難聴は再発しないとされていますが、臨床的には再発した患者さまに多く出会います。また多くの場合、耳に原因があることさえ特定されれば診断名は曖昧になりそれを特定しても明確に効果のある薬があるわけではないからです)。2ヵ月間14回の治療で、今回の発症前の状態にまでほぼ回復させることができました。しかしその1ヵ月後に再び耳閉感を発症してしまいました。この時は患者さま自身に仕事が忙しくストレスが多いという自覚があったので、私としてはもっと強く再発予防と健康管理の治療の必要性をお伝えするべきでした。それ以後の来院はないので、その後は不明です。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下・響き感)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 女性
  • Y・H

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下・響き感)

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下・響き感)以外の症状

貧血傾向

来院されるまでの経過

3日前、耳鳴り(ザー)あり。昨日、耳鳴りが悪化し、同時に耳閉感(鼓膜の圧迫感)・聴力低下・音の響き感を発症した。耳鼻科病院にて検査を受け、突発性難聴と診断された。ステロイドを服用するも、昨日から今日にかけて改善はなし。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くして治療。初回の治療で耳閉感は軽減した。3回目の治療後には聴力検査の結果では90dbから70dbに回復した。8回目時点で、聴力は自覚的にほぼ問題のない程度にまで回復した。14回目には「(耳の症状は)良い」とのこと。徐々に施術間隔を空け、20回目時点で「耳の症状は問題なし」まで改善・回復した。治療期間約4ヵ月、24回で終了。

まとめ

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下・響き感)の治療です。耳鼻科病院にてステロイドを処方され服用しましたが、全く改善しませんでした。しかし、発症してから鍼治療を開始するまでの期間が早かったこともあり、当院での治療1・2回でも症状の改善を実感していただくことができました。お忙しい中、頑張ってしっかり治療に通っていただき、順調に症状ゼロになりました。後日、ご紹介でご家族が同じ耳の症状でご来院されましたが、少なくともその時までは良い状態を保てていました。耳の症状は再発してしまうことも多いので、良い状態を保つようにしていただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 男性
  • M・H

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下)

突発性難聴(耳鳴り・耳閉感・聴力低下)以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

一昨日の起床時に、耳鳴りを自覚した。耳鼻科にて突発性難聴と診断を受け、ステロイドを服用している。他にも耳閉感と聴力低下があるが、それらは気にならない程度。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くして治療。1・2・3回目は連日治療。3回目の治療時には症状は軽減し、朝に耳鳴りが少し気になる程度。4回目時点では耳鳴りもゼロになった。1週間後の5回目に症状ゼロが続いているとのことで(本来はもう少しの期間、良い状態での症状固定と再発予防を目的とした治療を継続するべきだと伝えたが、)本人希望にて終了。治療期間約2週間5回。

まとめ

突発性難聴と診断を受けた、耳鳴り・耳閉感・聴力低下の治療です。発症早期からの治療だったこともあり、短期間少回数の治療にて症状は消失しました。その後のご来院がないことから、良い状態の維持と再発予防ができているのだと考えられます。全ての患者さまの症状がこのように順調に改善すれば、それ以上の喜びはありません。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り・聴力低下・耳閉感

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 60代
  • 男性
  • H・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り・聴力低下・耳閉感

耳鳴り・聴力低下・耳閉感以外の症状

血糖値が高い(Hba1c:7.6)

来院されるまでの経過

2ヵ月前、耳鳴り・聴力低下・耳閉感を発症。ステロイド服用も著効なし。昨日から耳鳴りが悪化している。日差あり。患側の聴力は70db程度にまで低下。逆側も、もともと30db程度。しかし、耳鳴りが一番つらい。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を詰めて来院するように伝えた(結果的に、平均すると週3回)。来院当初のつらさの耳鳴りの程度を10だとすると、4回目時点で5に軽減。状態の緩解増悪をくり返しながら徐々に、良い日が増えていった。よく眠れると耳の調子も良いとのこと。16回目時には2くらい。20回目以降には2~0にまで改善した。治療開始から約2ヵ月、25回で(金銭的問題もあり)本人希望にて終了。

まとめ

耳鳴り・聴力低下・耳閉感の治療です。糖尿病歴あり、60代、発症してから2ヵ月経過、ステロイドにて改善なし。この条件下で耳の症状の改善を目標とした治療としては、悪くない結果だと考えます。治療としてまず目指すのは、症状が変わらないもしくは症状悪化の悪循環を断ち切り、症状改善の好循環にすること。そして症状が生活に問題のない範囲にまで回復させることです。その先の症状改善のゴール設定は人それぞれで良いと考えています。再発を予防し、健康のことで困らない生活をしてくれていることを願います。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(聴力低下・耳閉感)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 男性
  • H・S

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状 

突発性難聴(聴力低下・耳閉感)

突発性難聴(聴力低下・耳閉感)以外の症状

不眠傾向(眠りが浅く夢をみることが多い)

来院されるまでの経過

以前から度々耳症状が出ていたが自然に消えていた。2週間ほど前に発症。耳鼻科病院へ行き、突発性難聴との診断を受け、ステロイドを服用するが聴力低下・耳閉感ともに改善なし。朝と夜に悪い。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くして治療。3回目時点で聴力低下・耳閉感ともに大幅に改善していることを実感。「耳が抜けた感じ」とのこと。耳鼻科での聴力検査でも問題なし。以降、施術間隔を空けながら良い状態を保つ。治療開始約3週間6回で終了。

まとめ

突発性難聴(聴力低下・耳閉感)の治療です。聴力低下と耳閉感を発症し、耳鼻科にて突発性難聴と診断されました。ステロイドの服用で全く改善がなかったとのことでした。鍼治療が著効し、幸いにも3回の施術にて問題のない範囲にまで回復しました。耳の症状はいったん回復しても、ぶり返してしまったり再発してしまうケースが多くあります。そこから考えると、もう少しの期間は良い状態の固定のために治療を受けていただけると安心だと伝えていますが、結果オーライです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(聴力低下・耳鳴り)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 20代
  • 女性
  • M・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(聴力低下・耳鳴り)

突発性難聴(聴力低下・耳鳴り)以外の症状

熟眠困難

来院されるまでの経過

約1ヵ月前発症。突発性難聴と診断され服薬し70db→50dbに改善。ステロイドでの改善なし。

治療内容と症状の変化

週2回。治療開始約2週間後7回目時には睡眠問題なし。耳鳴りがゼロの日もある。約1ヵ月後9回目時には聴力の低下が気にならない程度にまで回復した。以後、徐々に最終的には1ヵ月に1回に施術間隔を空けまでながらも良い状態を保ち続け、3ヵ月後14回にて終了とした。

まとめ

首こりや肩こりの延長として、首周りの締め付け感を訴えていました。また、眠りが浅く夢を見ることが多いとのこと。具体的にはそれらの状態を良くしました。治療開始直後の時期にはなかなか改善を実感することができませんでしたが、その期間もあきらめずにご来院いただきました。発症してから約1ヵ月過ぎていましたが、無事に症状ゼロが継続し差し当たりの再発がないところにまで回復することができました。お伝えしたセルフケアにて、この状態を維持していただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り(左右とも、3年前から)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 50代
  • 男性
  • K・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り

耳鳴り以外の症状

聴力低下・不眠症(中途覚醒)

来院されるまでの経過

3年前に左右の耳の、耳鳴り(キーン)と聴力低下(30db程度)を発症。聴力低下は気にならない。1ヵ月前耳鳴りが悪化した。

治療内容と症状の変化

週2回。初回の治療にて症状の軽減を実感。徐々に軽減を積み重ねることができた。治療開始1ヵ月10回にて本人希望にて終了。少し耳鳴りは残るがほぼ気にならなくなった。

まとめ

差し当たりの症状は気にならない程度にまで軽減させることができました。1ヵ月前の悪化分を改善させることができたのだと考えます。しかし、なぜ耳の症状を発症したのか、なぜ悪化したのかを考え、生活環境や生活習慣を整えない限り、きっといつかまた再発すると思います。そうならないように、努力してくれていると良いのですが…。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳鳴り・聴力低下(約10年前から)・耳閉感

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 30代
  • 女性
  • A・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳鳴り・聴力低下・耳閉感

耳鳴り・聴力低下・耳閉感以外の症状

目の疲れ・かみしめ、など

来院されるまでの経過

約10年前から耳鳴りと聴力低下がある。2年前耳鳴りが悪化したがその時は1週間で戻った。徐々に聴力低下が悪化している気がする。疲労にて耳鳴りが悪化する。最近は耳閉感も強くなっている。

治療内容と症状の変化

週に1回。初回の次の日には耳閉感が大幅に軽減した。約2週間後の4回目には「3日間は状態がとてもよかった」とのこと。4ヵ月後19回目時には耳鳴りが大きく軽減しているとのこと。以後、仕事が忙しいなどもあり、緩解と増悪をくり返す。約11ヵ月間40回の治療にて終了。終了時は、治療開始時に比べ、主な治療目的であった耳鳴りは明確に小さくなっているとのこと。耳閉感は消失した。

まとめ

耳鳴り・聴力低下・耳閉感の治療。10年ほど前からある耳の症状だったが、改善・消失させることができた。この方も含め鍼治療をしていると、身体の中の症状の治療開始初期には「2~4日間は良かった」と聞くことが多い。だからこそ、当院では治療開始時には週に2回の治療をお願いしている。改善が早ければその分早く施術間隔を空けていけばよいだけのこと。再発予防をしていてくれることを願っている。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

聴力低下・耳鳴り・響き感

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 女性
  • H・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

聴力低下・耳鳴り・響き感

聴力低下・耳鳴り・響き感以外の症状

首こり・肩こり、自律神経諸症状

来院されるまでの経過

1ヵ月前に発症したがその際は特に何もせず消失。今回は1週間前に発症。改善なく、来院。低音の聴力低下・夜に低音の耳鳴りが気になる。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を詰めて治療。2回目には症状の軽減を自覚。治療開始約1週間後5回目時には8割がた軽減しているとのこと。7回目時には、大きな音が響いて嫌な感じが残っているのみ。良い状態を保ちながら徐々に間隔を空ける。約2ヵ月間13回の治療にて本人希望にて終了。

まとめ

再発してしまった、聴力低下・耳鳴り・響き感(他に耳閉感も来院当初にはありましたがカルテに以降の記載がなく、耳閉感の他の症状と同じくして軽減していったのだと考えられます)の治療です。当院には耳症状が初めての方も再発してしまった方も多くご来院されます。来院当初より少しでも軽減させることが目的であれば発症してから期間が経過していても比較的改善するのですが、症状ゼロを目指すとなるとやはり発症してからの期間が短いほうが改善率が圧倒的に高いです。そして大切なことは、再発を防ぐこと。何をするべきかなどは生活指導としてお伝えしますし症状の説明ページにも記載してあります。良い状態を保ってくれれば幸いです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(聴力低下・耳閉感・自声強調)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 男性
  • T・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(聴力低下・耳閉感・自声強調)

突発性難聴(聴力低下・耳閉感・自声強調)以外の症状

首ヘルニア

来院されるまでの経過

約1ヵ月前発症。愛知医科大学病院に入院し治療を受けるも改善なし。聴力は30db程度。耳鳴り・めまいはない。

治療内容と症状の変化

なるべく施術間隔を短くして治療。初回治療後症状の改善を実感するも次の日には戻った。治療開始約1週間後の施術5回の時点で、発症時の症状が10だとすると6程度にまで軽減した。自声強調も消失。治療でリラックスできるとのこと。11回目時で「この状態が続けばいい」と思える時間が出てきた。約1ヵ月13回で本人希望にて終了。終了時点での症状は、聴力低下:もともとあまり気にならない。耳閉感:症状ゼロの時間もある。自声強調:再発し軽減しているがまだ残っている。

まとめ

大学病院に入院して治療を受けたにもかかわらず症状が全く改善しなかった突発性難聴の耳症状。1ヵ月間の鍼治療で大部分を改善・消失させることができました。これは稀なケースではなく往々にしてある状況です。病院での治療を否定する気持ちはありません。耳の症状であれば、まずは病院へ行き、(あまり意味のない診断を受け=度の診断名でも処方される薬は大体同じ、)薬での治療を受けるべきでしょう。むしろ、初めから鍼灸院へ来る方で当院での鍼灸治療を受けたことがない場合は「鍼治療で治すんだ」という覚悟が決まっていないので、治療に対する信頼感が低いのです(耳症状の再発などで当院に再来院される場合は除く)。

問題は、耳症状に関しては発症してから早期の治療が効果が高い、ということです。多くの場合、薬の服用で効果がないもしくは症状が残っている場合でも、言われるがまま同じ薬を服用し続け無為な期間を過ごしてしまいます。薬は効くのであればすぐに効きます。長期間飲み続けて徐々に効果が出てくるということはありません。ですので、病院での治療と並行で構いませんので、耳の症状があれば早めに鍼灸治療も受けていただきたいです。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

聴力低下と耳閉感

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 80代
  • 女性
  • T・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

聴力低下と耳閉感

聴力の低下と耳閉感以外の症状

高血圧

来院されるまでの経過

約1年前に騒音がきっかけで?左右の耳の聴力低下を発症。左は耳閉感もある。

治療内容と症状の変化

週2回、その後週1回。開始後2週間、4回目時には左右とも聴力の回復を自覚。約1ヵ月後の8回目時には聴力の低下が気にならなくなり、9回目時には耳閉感も消失した。9回目で症状は問題なくなったとのことで本人希望にて略治とした。心も軽くなったとのこと。

まとめ

発症してから1年以上が経過した80代の方の耳の症状だったが、比較的早期に改善させることができた。聴力検査の結果ももちろん大切だがそれよりも、本人が聞くことに不便さを感じないようにすることが大切だ。今後も、困らない状態を保ち続けてほしい。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

突発性難聴(響き感)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 20代
  • 女性
  • Y・I

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

突発性難聴(響き感)

突発性難聴(響き感)以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

約半年前に発症。その時は消失した。1週間前に2回目の再発。耳鳴り・耳閉感・聴力低下などはなく、耳の症状は響き感のみ。電話やテレビの音が苦痛。雨天時に悪化する。

治療内容と症状の変化

約3週間後の4回目時には、雨天時の悪化も消え、程度・頻度ともに軽減し、気になるのは踏切の音のみだった。本人希望で施術間隔を空けたが、再び悪化した。初回より約3ヵ月後8回目時に症状ゼロにまで改善した。この時には患者自身にも再発をくり返しているとの自覚があり、施術間隔を空けるのを慎重に行った。以降はほぼほぼ症状ゼロをキープすることができた。約7ヵ月後、19回にて本人希望により終了。最終的には1ヵ月に1回で3ヵ月間症状ゼロを保った。

まとめ

再発をくり返す、音の響き感。音の響き感は、高音が響いてしまい苦痛を感じるケースが多い。この方の場合、再発の際に他の耳症状が出ないことが不幸中の幸い。臨床経験的には、すぐに治ると再発することも多い。簡単に治ってしまうと患者さま自身が症状を軽んじてしまい生活習慣の改善などを行わないことが原因なのかもしれない。耳の症状は同じ人に同じ治療をしても同じように改善しないことが多々あるのが怖いところ。加えて、出る症状が同じとも限らない。再発を極力避けることができるように、原因を考え自分なりのケアをすることが大切だ。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

感音性難聴(耳閉感・耳鳴り・聴力低下)

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 40代
  • 男性
  • R・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

感音性難聴(耳閉感・耳鳴り・聴力低下)

感音性難聴(耳閉感・耳鳴り・聴力低下)以外の症状

特になし

来院されるまでの経過

2週間前に発症。愛知医科大学で感音性難聴と診断されステロイドを服用するも改善せず。耳閉感、程度に日差あり。耳鳴り、静かだと感じる。聴力、40db程度(あまり気にならない)。

治療内容と症状の変化

週2回。症状の改善に応じて徐々に施術間隔を空けた。一度終了してからは症状が再発するたびに単発的に来院。3回目の施術時に耳閉感・耳鳴り共にゼロの時間があるようになった。7回目時には、気にしても症状が分からなくなったとのこと。10回目時には耳閉感・耳鳴り共にゼロを継続できるようになった。約6ヵ月、21回で終了。その後も耳閉感の再発や疲労の蓄積を自覚すると来院された。

まとめ

耳の症状発症のきっかけの多くは、仕事などでの疲労の蓄積です。耳周りの筋肉の緊張を緩め血流を改善させることで、多くの場合、耳の症状は改善します。そして残念ながら、生活習慣を変えなければ、数ヵ月単位で、耳の症状が再発してしまうこともあります。一度症状がゼロになって以降も、良い状態を保つための手段の一つとして、ご来院いただいていました。全体的な健康面を含め、問題なく過ごされていることを願います。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

耳閉感・頭重感

  • 突発性難聴(聴力低下・耳鳴り・耳閉感・めまい、など)
  • 10代
  • 女性
  • S・K

なかやま鍼灸院での治療を目的とした主な症状

耳閉感・頭重感

耳閉感・頭重感以外の症状

不眠症(中途覚醒)・便秘

来院されるまでの経過

2ヵ月前に耳閉感を発症。初めは右側、その後左側も。耳閉感ともに頭重感も出る。徐々に悪化傾向で学校を休む日もあるほど。耳管開放症と診断されているが、横臥位になってもあまり軽減しない。

治療内容と症状の変化

なるべく詰めて治療。3回目の施術時に、耳閉感は変化なし・頭重感は軽減・中途覚醒はなし。6回目時には耳閉感も軽減を実感している。治療開始後約1ヵ月7回の治療にて、以後来院せず。最終回時に「ライブへ行く」と言っていたが、それが関係あるかも…。

まとめ

年齢と症状の程度から、治療を続ければさらなる改善が望めたと思っている。悪化や再発なく過ごしていることを願う。

(同じ症状であっても状態は患者さまごとに違います。万人に同じ効果を保証するものではありませんので、ご理解下さい)

1 2

お問い合わせ

「はじめてです」とお電話ください

ID:acl0365g

名古屋市千種区本山駅 鍼治療専門 なかやま鍼灸院は
完全予約制です。ご理解ご協力をお願いします。

TOPへ戻る